6か月の赤ちゃんの体重について、たまには真剣に考えてみよう


生後6か月は赤ちゃんにとって
色々なことがだんだんとできてくる月齢ですね。

首も座り、お座りができるようになるなど、
だんだんと親自身も楽になってくる頃だと思います。

また、お祝い事としては、
ハーフバースデイなんてありますね。

離乳食が始まって、食べれるものでお祝いした覚えがあります。

スポンサーリンク



うちの子は軽い?重い?6か月くらいの子の標準体重は?


ベビーベッドイラスト

生後6か月の男の子の
平均身長は64~73cmくらい、
平均体重は6.7~10㎏くらい


同じく生後6ヶ月の女の子は、
平均身長は62.6~71.2cmくらい、
平均体重は6.2~9.2㎏くらい
だと言われています。

我が家では、上の子が男の子で身長65.1cm、体重9㎏。
下の子が女の子で身長66.7cm、体重8.2㎏でした。

数値だけ見てみると、上の子も下の子も平均ですが、
上の子の場合は身長と体重を比較した場合、
カウプ指数が21.4…

つまり、

身長は低いのに体重がたっぷりある
肥満児だったのです。

心配でしたね…
毎月のように体重を計りに行っていました。

6か月くらいで体重が増えなくなるってホント?


成長曲線

新生児期からの成長に比べると、
生後6か月頃からはゆるやかになっていきます。

母子手帳の成長曲線のカーブも
生後5~6か月頃からゆるやかになっていますよね。

これからだんだん減っていってしまっては心配ですが、
少しずつでも増えていれば問題ありません。

我が家は下の娘の時に体重が増えないどころか
減ってしまって…

よくよく考えたら、健診の1か月ほど前、
胃腸炎を患い、ほとんど食事ができないことがありました。

病気をしてしまったり、授乳に問題が無ければ、
体重が増えないことはそんなに心配せず、
様子を見てみてもいいのかなぁと思います。

男の子と女の子で差はあるの?


赤ちゃんの足型

我が家の場合ですが…

男の子の方がミルクをたくさん飲み、
離乳食をたくさん食べたような気がします。

運動量はあきらかに男の子の方が多いですね。

そして体力も男の子の方があるのか、
あまり寝ない子でした。

下の女の子は普通よりはたくさん食べる子でしたが、
上の男の子と比べると体力が無くよく寝る子でしたね。

「母乳メイン」と「ミルクメイン」で成長に差は出る?


私は母乳メインで育てました。

上の子は生後2か月まで母乳の量が足りているのか心配で、
ミルクとの混合にしていました。

ですが、

「体重がたっぷりあるので母乳のみにしましょう」

という保健士さんの勧めでミルクをやめました。

ミルクはタンパク質が多く、
脂肪がつきやすくなっています。

つまり、カロリーが母乳に比べると高いということです。

しかも、母乳よりもたくさんの量を飲ませるので、
体重はしっかりと増えます。

体重がなかなか増えない赤ちゃんには、
母乳メインでミルクを足すのがいいのかなぁと思います。


哺乳瓶のミルク

まとめ




授乳期の赤ちゃんにとって、
体重の増加は授乳量や運動量によってかなり違ってきます。

母子手帳の平均曲線内に入っていればそれでOK!

くらいの考えで、あまり神経質になることはないと思います…
と今なら言えます。

不安になる気持ちもわかりますよ。
ウチもそうでしたから。

ふくよかな赤ちゃんもいればスリムな赤ちゃんもいて、
それぞれの個性なんですよね。

ちなみに、カウプ指数が21.4もあった我が家の息子。

あのころはあまりにも肥満児すぎて
周りの人からかなり心配されたけれど、

今では4歳で体重13.5㎏しかない超スリム体型になりました。

スポンサーリンク

コメントを残す


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ