暑さ対策には「暑さに負けない体質改善」が有効か!?

ここ数年の夏の暑さはなんなのでしょうね!
暑いったらありゃしない。

こんなに暑いと、夏の間、1日中エアコンをつけっぱなしにしてしまっているご家庭も多いのではないでしょうか?

  • 身体を冷やすのは良くないとはわかっているけど・・・
  • 電気代が高い!なんとかならない?
  • エコは大切だけど、身体が持たないわ・・・

という方、ちょっとお時間よろしいですか?

温度計

エアコンを付けなくても朝までグッスリ!


私、昨年の夏、夜10時にはエアコンを切ってしまってました。
エアコンを付けるのは早くても夕方4時頃。

エアコンを使うのは最長でも6時間程度ってところでしょうか。

さすがに扇風機は回していましたが、就寝時もエアコンのスイッチは切ったまま。
それでも朝までぐっすり眠れていました。

身体を暑さに慣れさせる


昔から暑さに強かったかというと、そうだったわけではありません。
一昨年の夏は、当たり前のように寝室のエアコンのタイマーをセットしてから寝ていたものです。

そして、タイマーが切れるとあまりの寝苦しさにもう一度エアコンを入れるなんてことも

それが、1年後の夏は、エアコン要らずで眠れるようになりました。

この1年の間に何をしたか教えましょうか?

一言で言えば、「暑さに身体を慣らした」ということです。

スポンサーリンク


暑熱馴化(しょねつじゅんか)


意図的に暑さに身体を順応させることを「暑熱馴化(しょねつじゅんか)」と言うそうです。

暑熱順化とも書くことがあります。
読み方は同じ「しょねつじゅんか」です。

私の場合、ダイエット目的でウォーキングを始めたのですが、意外に歩くのが楽しい!と感じるようになり、
いつしかダイエットは二の次に。

そうしているうちに、気づいたらエアコンを使う時間が減っていることに気づきました。

エアコンの設定温度は28℃にしているのですが、これが肌寒く感じるんです!

そうです。実は、夜10時にもなると寒くてエアコンを付けていられないくらいなんですよ。

エアコンを切ったあとは扇風機があればちょうどいいくらい。
おかげで、朝までぐっすり眠っていられるようになりました。

「あれ?もしかして暑さに身体が慣れたのか?」

と冗談半分で調べてみると、

ウォーキングが「暑熱馴化」に効果があり、熱中症にもなりにくくなることが判明しました。

暑さ対策グッズも利用する


暑さ対策グッズや夏の節電グッズがあれこれ販売されていますね。

私も、窓の外には簾(すだれ)を掛けたり、首に撒く冷却タオルを使ったりしています。
これらのグッズは気休めとまでは言いませんが、エアコンの代わりになるようなものではありませんけどね。

多少、暑さ対策にはなっているかな、という程度です。

ただ、エアコンを使うことが悪いなんて主張するつもりはありませんよ。

「エアコンに頼る」ことをやめて「上手にエアコンを使いこなす」ことができればそれで良いのだと思います。

ウォーキングについて


私の場合ですが、天気さえ良ければ、できるだけ時間を作って1回40分〜60分程度ウォーキングをする習慣が身につきました。

ウォーキングを始めたのは12月の真冬でしたが、それから春も夏も続けて歩いていました。
毎日ではありませんが、週に4〜5日くらいのペースです。

ウォーキング履歴

夏の暑い日にも水筒に冷たいお茶や水を入れ、帽子をかぶりながら炎天下をやや早足で歩きました。
水分補給はこまめに。それから、体調にちょっとでも不安があれば無理をせずにお休みしました。

ランニングやジョギング、サイクリングなども暑熱馴化に効果があるみたいです。

でも、ウォーキングはそれらに比べても器具や道具も必要なく、服装も普段着でOK。

夏はTシャツにハーフパンツで十分。

ただ、帽子はかぶったほうがいいです。
というか、帽子があるのとないのとでは全然違います。

直射日光を防ぐとこんなに身体が楽なのか!?と思うほどです。

汗止めにもありますし。

あと、靴はスニーカーでOKですが、サンダルは長距離を歩くには不向きなのでおすすめしません。

私は深く考えずにスポーツサンダルでウォーキングをして10分足らずで靴ずれができ、ギブアップしたことがあります。

ウォーキングにはスニーカーやランニングシューズなどで行いましょう。

スポンサーリンク

コメントを残す


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ