チャイルドシートの使用が義務となる年齢は?6歳以上でも違反に?

チャイルドシートの正しい使い方って知っていますか?

使い方を間違えると、子どもの首にベルトが
引っかかってしまったりして、とても危険です。

子どもの命を守るためにも、
きちんとチャイルドシートを取り付けて、
正しい使い方を知っておきたいですね。

スポンサーリンク



チャイルドシートの使用義務って『6歳未満』?『6歳以下』?


チャイルドシートは『6歳未満』の幼児を対象に
使用の義務化がされています。



じゃあ、6歳になれば、チャイルドシートは
取り外しちゃってもいいんでしょうか?

年齢だけじゃなかった!?チャイルドシートの使用基準


チャイルドシートの使用基準

自動車のシートベルトというのは、

身長140cm以上の方の着用に対して有効な機能をもたらすよう
になっています。


6歳以上でも体型が小柄で、身長140cmに満たないお子さんには、
チャイルドシートやジュニアシートに座らなければなりません。

6歳で身長140cmを超えるお子さんは日本中探しても
そうはいないはず。

小学校の低学年くらいまでは、
ジュニアシートに座らせないと安全は確保できないんですね。

このように、年齢だけでなく、
身長や体重も気を付けてみていかなくてはなりません。

かと言って、バスやタクシーには
チャイルドシートやジュニアシートって付いてませんけど
大丈夫なんでしょうか・・・?

こんな場合はチャイルドシート免除


チャイルドシート免除

チャイルドシートの使用義務が免除される場合もあります。

1つ目は、バスやタクシーなどに
6歳未満の幼児を乗せる場合です。

2つ目は、怪我をしているなど、
身体の状態により、やむを得ずチャイルドシートに
座ることができない場合。

そして3つ目。

チャイルドシートを取り付けることによって、
全員が乗車できなかったり、
チャイルドシートを取り付けるスペースがない場合です。

しかし、これは、全員が免除になるわけではなく、
できる限りはチャイルドシートに座らなければいけません。

私の場合は、嫁ぎ先と実家が2時間以上離れていたので、
車で帰省するときはチャイルドシートに乗せていました。

でも、2時間だと授乳の時間と重なったりしてしまいますよね。

そんな時は、一時的に免除になるそうです。

6歳過ぎたらジュニアシートの準備を


チャイルドシートシートベルト

チャイルドシートと言っても種類は様々です。

首が据わっていない乳児を寝かせるタイプのベビーシートは、
新生児期から生後10か月くらいまでの
身長70cm以下、体重10㎏未満のお子さんに使用できます。

このころの赤ちゃんには、後ろ向きで使用します。

次に、チャイルドシートです。

中には前向き、後ろ向き兼用タイプがあり、
我が家は新生児期から2歳くらいまで使っていました。

前向きのみのものは、1歳から4歳くらいまで、
身長100cm以下、体重9㎏から18㎏くらいの
お子さんに使用できます。

そして、ジュニアシートです。

お尻の下に敷いて座高を高くすることで、
大人と同じシートベルトを使用することができます。

4歳から10歳くらいまで、
身長135cm以下、体重15㎏以上のお子さんに使用できます。

チャイルドシートの義務についてまとめ


チャイルドシートは、メーカーによっても
使用できる目安は異なります。

お子さんの体格や、家族形成も考えての購入をお勧めします。

我が家の場合は、子どもは2歳差。

上の子が2歳2か月の時に下の子が生まれたので、
それまでは上の子は新生児期から使用していた
チャイルドシートを使っていました。

下の子が生まれたのを機に、上の子には
背もたれ付きのジュニアシートを購入しました。

現在は上の子が4歳、下の子が2歳なので、
下の子は背もたれ付きのジュニアシートを、
上の子は座席のみのジュニアシートを使用しています。

スポンサーリンク

コメントを残す


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ