大覚寺の紅葉の2015年の見頃は?見所はライトアップされたもみじロード

大覚寺は、明治時代のはじめころまで、天皇や皇族が住職を務めた格式高いお寺です。

日本最古の人工池といわれる大沢池のほとりのもみじロードのライトアップ「真紅の水鏡」は見もので、毎年たくさんの観光客で賑わう紅葉の名所です。



大覚寺の紅葉の見頃は?


大覚寺の紅葉の見頃ですが、例年は、11月中旬から12月上旬頃になります。

ただし、紅葉の時期というのは、気温と密接に関わっており、気候によっては少し時期が早まったり遅れたりしますので、おおよその時期とお考えください。

暖かければ、紅葉は遅れる傾向になります。

大覚寺とはどんなお寺?


京都の大覚寺は、数ある嵐山エリアの紅葉スポットの中でも、名所として有名です。

大覚寺は、通称「嵯峨御所」と言われたりもしますが、正式には「旧嵯峨御所大覚寺門跡」という名称です。

大覚寺には国宝や重要文化財が数多くあり、皇室とのゆかりも深いことから、小説やドラマ、映画の舞台としてたびたび取り上げられることで知られています。



とくに、大覚寺の大沢池(おおさわのいけ)は、現存する日本最古の人工池で、いけばなの発祥の地でもあります。

大覚寺の拝観料など


拝観料は大人500円、こども300円。
年中無休です。

拝観できる時間は、午前9時から午後5時まで。
受付は午後4時30分までとなっていますので、時間に余裕を持って行きましょう。

受付終了直前に入っても、とてもじゃないですが、境内、大沢池を周りきれません。

行事によって内覧できない日もありますので、ご注意を。

大沢池の拝観料は200円です。

大覚寺へのアクセス


大覚寺へは、最寄り駅であるJR山陰本線『嵯峨嵐山駅』から北へ徒歩20分ほどになります。

駐車場も50台分あります。(2時間500円)
紅葉シーズンは大変混雑するので、公共の交通機関を利用したほうが便利です。

嵐山の紅葉もじっくり楽しめますので、おすすめです。



もみじロードとはどんなスポット?


大覚寺には「もみじロード」と呼ばれるスポットがあります。

大沢池のほとりにある紅葉の回廊で、池に映る紅葉が美しく、紅葉シーズンにはまさに紅葉のトンネルとなります。

紅葉の見頃でもある11月中旬から12月上旬にかけては、夜間のライトアップの演出もあって、嵐山エリアでも屈指の人気スポットです。

スポンサーリンク



もみじロードのライトアップについて


大覚寺では、紅葉のライトアップが「もみじロード」で行われます。

題して、『真紅の水鏡』。

夜間特別拝観として、例年11月15日中頃から12月上旬にかけて、見頃をむかえた紅葉が優雅にライトアップされたもみじロードを歩き、悠久のときに浸ることができる催しですので、この時期に京都へ行くなら、時間を作ってぜひ、大覚寺へどうぞ。

『真紅の水鏡』は、昼夜入替制となっています。
拝観料は、通常拝観料のみです。

時間は、午後5時30分から午後8時30分まで。

人気スポットゆえに、大変混雑しますので、カメラの三脚や一脚の使用は禁止となります。


大覚寺で写経体験


大覚寺では、1年を通して写経体験ができます。
事前の申し込みも不要で、1回限りの飛び込みでも体験可能です。

初心者向けの2行程度の短いものなら所要時間およそ15分。
料金は500円です。

その他、般若心経全文の写経もありますので、興味のある方は体験してみてください。

大覚寺の写経体験は、毎日午前9時から午後3時30分まで受付しています。

用紙に薄く印刷されているお経を、備え付けの筆ペンでなぞっていくもので、手順としては難しくありません。

会員になれば特典いろいろ


大覚寺「心経会」の会員になるとさまざまな特典を受けられるようになります。

入会金2000円、年度会費は2000円です。

会員になると、入会時に会員専用のお袈裟と写経法要勤行聖典がもらえます。

そして、会員証を提示することによって、会員の有効期間内であれば、大覚寺の本人の拝観料が無料となります。

さらに、写経の奉納巻数が1年間(4月から翌年3月まで)に12巻以上になると、功徳証と記念品が届きます。

毎月1日(1月除く)、11日、21日の「写経日」には、食堂にてうどんをいただくことができます。写経日には、午前10時と午後1時に30分程度の写経の法要と法話があります。

また、大覚寺の季刊誌を発刊月に参拝すると無料でもらうことができます。

その他、大覚寺の催事や講座の案内や優待を受けることができたりと入会して損はありません。

写経の奉納は、毎回大覚寺まで行くことができなくても、郵送でも受付ができるそうなので、受付にてご相談ください。

大覚寺の紅葉についてのまとめ


大覚寺の紅葉や写経体験についてまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか?

嵐山エリアで、夜のライトアップされた紅葉を楽しめるスポットは多くありませんので、ライトアップスポットが目的の人は、大覚寺は外せないスポットです。

日中の大沢池に映える紅葉と、夜の幻想的なライトアップに浮かび上がる紅葉をぜひ見比べてみてください。

時間の感覚がおかしくなりそうですよ。

スポンサーリンク

コメントを残す


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ