永観堂の紅葉2015!京都随一のモミジの見頃とライトアップ情報は?

京都でも特に紅葉の名所として名高い永観堂についてまとめました。

「もみじの永観堂」とも呼ばれるこの場所は、紅葉の名所の多い京都でも特に人気のスポットです。

永観堂の紅葉の見所、見頃を逃さないよう、チェックしていってください。



永観堂の紅葉の時期は?


京都の永観堂は紅葉の名所として人気の観光スポットです。

別名「もみじの永観堂」とも呼ばれるほど、永観堂の紅葉は他所の紅葉とは別格の美しさ。
3,000本ものモミジが赤く染まる景色は京都でも随一と言っても過言ではないでしょう。

永観堂の紅葉の見頃の時期ですが、およそ、11月中旬から11月下旬頃がちょうどピークを迎えるのではないでしょうか。

樹木の種類としては、イロハモミジやヤマモミジです。

永観堂では、お堂の周りの回廊をまわる感じで紅葉をじっくり堪能できます。
池の周りの紅葉はすぐ近くで見られ、足元の苔と紅葉のコントラストが素晴らしいです。

ただ、永観堂は山の傾斜地にあるため、坂道や階段などのアップダウンが結構あり、足の不自由な方にはちょっと大変かもしれません。

永観堂の周辺の紅葉スポットとしては、南禅寺、金戒光明寺、真如堂などがあります。

合わせてお楽しみください。

永観堂の拝観料


  • 大人600円
  • 小中高生400円

永観堂の拝観時間


  • 午前9時から午後5時まで
  • 受付は午後4時に終了



永観堂のライトアップについて


永観堂の紅葉は、ライトアップが期間限定で実施されます。

永観堂の「秋の寺宝展」の一環でライトアップを実施しています。

ライトアップの期間は、2015年11月6日(金)から12月3日(木)まで。

「寺宝展」の受付は、午前9時から午後4時まで。午後5時に閉門となります。

その後、ライトアップは午後5時30分から午後8時30分まで行われ、午後9時に閉門となります。



寺宝展、ライトアップの拝観料


寺宝展の拝観料とライトアップの拝観料は別になります。

寺宝展は、大人1000円、小中高生400円。
ライトアップは、中学生以上600円となっています。

永観堂の紅葉シーズンの混雑具合は?


永観堂は、京都でも紅葉の名所として名が知れたお寺で、紅葉シーズンはかなり混雑します。

門前から拝観受付までの100mほどの距離は無料で入れるため、写真撮影だけする人でいっぱいで、列がなかなか進みません。

スポンサーリンク



永観堂はどんなところ?


永観堂の正式名称は「聖衆来迎山 無量寿院 禅林寺」と言います。

永観堂は通称なんですね。

永観堂は仁寿3年(853年)にはじまり、1100年以上の歴史を誇る古刹であります。

特に興味をそそるのが、この永観堂に安置されている「みかえり阿弥陀」と呼ばれる木造阿弥陀如来立像です。

この阿弥陀如来像は「みかえり阿弥陀」の通称の通り、正面ではなく、横(左)を向いているのが特徴。

左を向いた阿弥陀如来像には言い伝えがあり、それによると、

7代住職の永観(「えいかん」ではなく「ようかん」と読むのが正しい)が、ある日、日課として阿弥陀如来像の周囲を念仏を唱えつつ行道していたところ、阿弥陀如来が須弥壇(しゅみだん、本尊を安置する場所)を下りて、永観と一緒に行道を始めたそうな。その姿に驚いた永観が立ち止まると、阿弥陀如来は振り返りながら「永観遅し」と諌めたと言う。

それ以来、永観堂の阿弥陀如来像は、左を向いたまま首が戻らず、そのままの姿で安置されているのだそうです。

また、よく見ると左足もわずかに踏み出したように見え歩行しているようにも見えます。

このような「みかえり阿弥陀」は他にも例がありますが、永観堂の如来像が日本最古であると言われています。

永観堂へのアクセス


所在地:京都府京都市左京区永観堂町48

電車を利用する場合


最寄り駅は、京都市営東西線『蹴上(けあげ)駅』になります。

京都駅から蹴上駅までは、地下鉄烏丸線の『京都駅』から『国際会館行』に乗り、『烏丸御池駅』(京都駅から3駅)で地下鉄東西線『六地蔵方面行き』に乗り換える必要があります。(烏丸御池駅から蹴上駅までは4駅)

京都駅→→→地下鉄烏丸線・国際会館行き・3駅→→→烏丸御池駅→→→地下鉄東西線・六地蔵方面行き・4駅→→→蹴上駅

乗り換えが順調に行けば20分も掛かりません。
蹴上駅から永観堂までは徒歩15分ほどの距離です。

車を利用する場合




駐車場は、岡崎公園駐車場を利用すると便利です。

駐車料金は、普通車の場合、最初の1時間500円+以降30分毎に200円です。
ただし、1日上限1,300円となっています。

営業時間は、午前7:30から午後10:30まで。
営業時間以外は駐めておくことはできますが、入出庫はできません。
その場合、一泊(午後10時30分から翌午前7時30分まで)700円必要です。

収容台数は、普通車500台以上です。

駐車場のご案内-車の方

市バスを利用する場合




JR京都駅または京阪電車三条駅から市バス5系統「南禅寺永観堂道」下車。徒歩3分。

永観堂周辺の道路は大変混雑するので、車や市バスでの移動は時間がかかる場合があります。
効率よく回りたい場合は、電車を利用されるのが良いでしょう。

永観堂の紅葉についてのまとめ


紅葉シーズンの永観堂について簡単にまとめてみました。

昼間の紅葉、そして、夜のライトアップに浮かび上がる幻想的な光景もまた違った趣があってとても素敵なスポットです。

京都随一ともいわれる「もみじの永観堂」をたっぷりとお楽しみください!

スポンサーリンク

コメントを残す


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ