ハロウィンになぜ仮装?お化けの仮装の起源とその意味は?

ハロウィンになぜ仮装するのか?
子どもはまだしも、なぜ大人まで仮装するんでしょうか?


大人が仮装するのは、日本独自の習慣?
海外の習慣を間違って解釈しちゃったの?


それとも、また企業の販促に乗せられてるんでしょうか?





日本のお盆みたいな考え


ハロウィンについていろいろ調べてみると、面白いことがわかってきました。


なんだか、日本の風習にも似ているんですよね。


ハロウィンには死者の霊が家族のもとに帰ってくるという考えがあります。


日本でいうところのお盆みたいなものですね。


ハロウィンの発祥の地アイルランドでは、家族のもとに帰ろうとする死者の霊に乗じて、悪霊や悪い精霊、魔女なども紛れて一緒に入って来ようとするのだそうです。


だから、魔除けのために玄関には火を灯しておく習慣がありました。


その名残と言いますか、時代を下るにしたがってかぼちゃのランタンに変化していったようです。


そんな風習から、子どもたちがお化けや魔女の仮装をして近所の家庭をお菓子をねだって回ることで、悪霊退治の代わりにする習慣ができたのではないでしょうか。


日本にも地方によっては、家に来た鬼(に扮した人)にお供え物を渡して帰ってもらうような行事ありますよね。


考え方としては似たようなものじゃないでしょうか。


スポンサーリンク




ハロウィンに大人がなぜ仮装するのか


これは、あくまで私個人の感想ですのでご容赦くださいね。


ここ数年でハロウィンが広がった日本ではなく、古くからハロウィンの風習が根付いたアメリカやイギリスでは、ハロウィンというのは子どもたちは物心が着く頃から参加している行事でしょう。


そんなハロウィンに慣れ親しんだ子どもが、成長してティーンエージャーになり、そして大人になってまで仮装するのは自然なこと。


大人になったから、はい、ハロウィン卒業!ってこともないのではないですか?


その後、結婚して家庭を持ち、子どもが生まれ育って、ハロウィンには子どもに仮装させる。


そして大人は仮装した子どもたちにお菓子を渡す側になる。


ほら、自然なことじゃないですかね。


ちなみに、アメリカでは、ティーンエージャーにもなると、庭の木にトイレットペーパーを巻きつけたり、自動車にペンキを掛けたり、ハロウィンのイタズラがエスカレートするらしいですよ。


日本で浸透する?


日本ではまだまだ時間が習慣として浸透するまで時間がかかるでしょうし、商業的な思惑もあって、「ノリで楽しむ」「冷めた目で見る」の2つに分かれるんじゃないでしょうか。


近所付き合いや地域の連帯感も薄れている現在の日本では、見ず知らずの子どもがいきなりお菓子頂戴!なんてやって来ても受け入れてくれる家は少ないんじゃないでしょうか。


幼いころからハロウィンで育ってきた世代で無い限り、ハロウィンにハロウィン用のお菓子を用意しておく習慣なんてまだまだ根付くまで時間がかかるんじゃないでしょうか。

スポンサーリンク

コメントを残す


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ