ハロウィンとはなんですか?日本で大人が仮装する意味は?

ハロウィンの発祥


ハロウィンは元々古代ケルト民族の行事と言われています。


10月31日はケルト民族にとっては一年の終わり。
日本で言う大晦日にあたる日です。


この一年の最後の日に、今年一年の収穫を祝い、感謝し、悪霊を追い出すお祭り的な行事です。





悪霊を追い出すという意味では、日本の節分みたいなものでしょうか。
日本の節分も、元々は大晦日に当たる日です。


節分(2月3日頃)が一年の最後であり、翌日(2月4日頃)が新年の元日である立春になりますね。


ケルト民族の中では、11月1日が新年の元日にあたっていたようです。


また、ケルト民族の間でも、この日は死者の霊が家族のもとに帰ってくるという考えがあり、一緒に悪霊や悪い魔女が入ってこないように、仮面を被り、玄関に火を灯して魔除けにしたという話です。


日本のお盆のような習慣でもありますね。


そんな習慣が長い年月を経て変化し、家にやってくる悪霊や魔女に見立てて子ども達が仮装し、家々を回るようになったんだと思います。


現在のハロウィンの習慣は、ケルト民族が済むアイルランドが発祥であり、その後、ヨーロッパからアメリカに伝わった習慣だと言われています。


ハロウィンと言えばかぼちゃを繰り抜いて中にろうそくを灯してランタンにしますよね。


でも、アメリカに伝わる前はカブ(の仲間の種類)だったそうです。


アイルランドを統括するイギリスの植民地であったアメリカにハロウィンが伝わりましたが、アメリカではまだ一般的にカブが穫れなかったために、代わりにかぼちゃを使うようになったという説があります。


そんなわけで、ハロウィンは日本でいう大晦日であり、お盆であり、秋の収穫を祝う秋祭りをひっくるめたような習慣です。


スポンサーリンク




ハロウィンはキリスト教の習慣?


ハロウィンはヨーロッパやアメリカの習慣という漠然としたイメージからキリスト教の行事か習慣のように感じますが、クリスマスとは違って、元々キリスト教は関係のない行事です。


ケルト民族の人たち(ケルト人)の生活や文化の中心は現在のアイルランドでしたが、のちにキリスト教に改宗していったのでアイルランドと関係の深かったイギリスを中心に広まっていったのが実情です。


その後、イギリスがアメリカ大陸に進出し、多くの移民と共に、宗教や文化も一緒に渡って行きました。


その名残が、現在のハロウィンの原型でもあると言えるのではないでしょうか。


ハロウィンは元々がアイルランド発祥のため、アメリカやカナダなど、かつてのイギリスの植民地(英語圏)だった地域を中心に広がっています。


ところが、我々日本人にはピンと来ないかもしれませんが、キリスト教にも様々な宗派があって、ハロウィンの習慣を受け入れていない宗派もあります。


イギリスの支配を受けなかった(もしくは早期に独立を勝ち取った)英語圏以外のフランスやイタリア、東欧やロシア、中南米のラテン語圏の国々では、ハロウィンの習慣はキリスト教圏といえども、ほぼ無視されているようです。


日本のハロウィンはどうしてこうなった?


日本では1980年代に企業の販促の一環としてイベント化したのが始まりらしいです。


その後、ディズニーなどの企業が大々的に商業イベントとして取り込み、季節限定の一大イベントとしてさまざまな催し物が企画されています。


また、アメリカの文化として認識され、幼稚園や保育園、子ども会などでも取り入れられています。


大人が仮装し、パーティーを開いたり、ハロウィンイベントを開催するようになったのはここ10年くらいでしょうか。
日本がお手本(?)にしたアメリカでも子どもだけでなく大人も仮装するので、それを真似しただけでしょうかね。


日本ではゾンビやお化け、妖怪といった架空のモンスターの仮装をするのが当たり前となっていますが、本場(?)のアメリカでは、漫画やアニメのキャラクターや実在の有名人の真似をした仮装なども普通に行われています。


とは言え、ハロウィンがイベント化する前の日本では、10月末というと、気の早いお店がクリスマス風なデコレーションを始めるくらいで、まだまだ秋の行楽、冬支度を始めるような時期でこれといったイベントなどは全くありませんでした。


ただ、夏休み終了からクリスマスまでのちょうど中間時期にあたるので、商業的には、大きな売上を見込めるような”おいしい”イベントになったのではないでしょうか?


当然ですが、宗教的な意味合いはなく、完全に娯楽行事になってますね。

スポンサーリンク

コメントを残す


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ