ハロウィンのお菓子をもらう言葉?あげるときの言葉?

ハロウィンで子どもたちがお菓子をもらうときの言葉。


「トリック・オア・トリート!」


さて、このハロウィンの決まり文句にはどんな意味があるのでしょうか?





Trick or Treat!(トリック・オア・トリート!)


「Trick」は、一般的には相手をだます意味での策略、ごまかし、企みという意味ですが、ハロウィンに限ってはいたずらをするっていう意味があります。


そして、「Treat」にはもてなす、ごちそうするという意味があって、ハロウィンでは、お菓子を差し出すという意味があります。


つまり、ハロウィンの定番の決まり文句の「Trick or Treat!」には、

「いたずらしてほしいか、お菓子を差し出すか、どっちか選べ!」
「お菓子をくれなきゃいたずらしちゃうぞ!」


という意味になります。


スポンサーリンク




お菓子をあげるときの返事の言葉


仮装した子どもたちからお菓子をねだられたら、黙ってお菓子を渡すのも変ですし、なにか気の利いた言葉で返事をしたいですね。


実は、返事にもある程度決まり文句があって、簡単な例を挙げると、

Happy Halloween!(良いハロウィンを!)
お菓子をあげるからいたずらしないでね!ハッピーハロウィン!

などがあります。

もっとノリを効かすなら、

「ひゃぁ〜〜!(腰を抜かす演技)お菓子をあげるからいたずらはしないでくださいな〜」
「どうかこれで勘弁を!あっちのお家ではもっと美味しいお菓子がもらえるそうですよ〜」

なんてのもあります。


ハロウィンが招くトラブルの可能性


日本ではまだまだハロウィンが習慣として浸透していないでしょう。


そのため、ハロウィンを誤解している人も多いのが現実です。


子どもというのは純粋なもので、親が上手に対応しないと、どこの家でも「トリック・オア・トリート!」といえばお菓子がもらえるものと思い込んでしまうことがあります。


実際に、子どもたち数人のグループがあちこちの家を無断で突撃し、その場でお菓子を要求し、断られた家で駄々をこねたり、泣き出したり、騒ぎを起こして学校や保育園などに通報されるというトラブルが起きているようです。


海外のハロウィンのルール


アメリカやヨーロッパでは、子どもたちはハロウィンで無差別に家を廻っているわけではありません。


事前に承諾している家、お菓子の準備ができている家は、ハロウィンの飾り付けをして玄関に明かりをつけて合図にしています。


子どもたちもちゃんと親や年長者から自然に教育を受け、こういうWelcome!な意思表示をしている家を選んで廻っているのです。


まとめ


他にも、お菓子に含まれる小麦や卵などでアレルギーを起こしたり、見ず知らずの人からもらったお菓子で予想外の事故が起きるかもしれないという問題もはらんでいます。


もし、ハロウィンをイベント化するなら、子ども会などの地域のイベントとして大人が企画・準備し、決められた事前承諾をもらった家庭を回るなど調整が必要だと思います。

スポンサーリンク

コメントを残す


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ