冷え性は足元から万全に!今日から出来る5つの冷え対策


朝晩冷え込む季節になってきました。

我が家では、朝晩はもちろん、
日中も日が当たらなければ寒くて寒くて…

すでにストーブを焚いて暖を取っています。

これからの季節、悩みの種は「冷え」。

足の指先が冷たくて眠れないこともしばしば…
対策をしっかり練って、これからの季節に備えたいと思います。

スポンサーリンク



マッサージで血行改善


マッサージで血行改善

「冷え性」の中でも特に症状が出やすいのが足です。

足元の冷えの原因は、
血の巡りが滞っていることにあるそうです。

足にはたくさんのツボがあるので、
血行促進のツボを押したり、
足の指先をマッサージして血流をよくしてあげることが
「冷え性改善」の近道だと思います。

簡単な体操で足の冷え性対策


冷え性になって困るのが、
夜、足が冷たくて眠れなくなること。

足が冷たくて眠れなくなる対策に
試してみてもらいたいのが、

「つま先立ち体操」。

やり方は至って簡単!

寝る前に、1分間、両足でつま先立ちを繰り返すだけ。

足を揃えて「気をつけ!」の姿勢から、
1・2・3・4〜のテンポで、ゆっくりと
つま先立ちをしていきます。

つま先立ちの際は、ふくらはぎに力を入れる感じというか、
ふくらはぎに力が入っていることを意識しながらやると
効果的だと思います。

つま先立ちができたら、
5・6・7・8でゆっくり元の姿勢に戻します。

慣れないうちは、身体がよろけないように、
壁や柱に手を添えてやってみてください。

以前、このつま先立ちを、
私と同じように冷え性で悩んでいた会社の上司に
教えてあげたところ、その翌日、

「いつも靴下履いて寝てたんだけど、昨日は暑くて脱いじゃったよ〜」

と喜んでくれました。

気軽にできるし、即効性もあるので、
一度、お試しを!

身体を冷やす食事、温める食事


身体を温める食事

食べ物には、身体を冷やすもの温めるものがあります。

身体を温める食材というと、何を思い浮かべますか?

基本的に、そばなど寒い地方で食べられているものや
冬が旬の食べ物は身体を温めてくれます。

また、黒豆やひじきなど、色の黒っぽかったり、
濃い食べ物、ごぼうなどの根菜類、イモ類もそうです。

そして果物にも身体を温める効果があるものが!

果物というと、普通は冷やして食べるもの。

ですので、身体を冷やすイメージがありますが、
りんご、ぶどう、さくらんぼなど、
身体を冷やさない果物もあるそうです。

逆に、身体を冷やす食べ物もたくさんあります。

でも、冷え性だからと言って、

身体を冷やす食べ物は食べない!

なんてことは不可能ですよね。

豆腐や大根は身体を冷やす食べ物だと言われていますが、
湯豆腐や煮物にするなど身体を温める工夫をすることも大切ですね。

足湯でポカポカリラックス


足湯は冷え性の原因である血流をよくすることにとても効果的です。

足湯の方法は様々ですが、
42度くらいのお湯に15分ほどつかり、
その後はタオルなどで保温するといいそうです。

現在ではお家で簡単にできる足湯グッズが
たくさん販売されているので、試す価値ありそうですね。



職場やオフィスで使えるグッズ


冷え取り用の靴下や、足首に巻く足首サポーターなど、
職場やオフィスで使えるグッズはたくさんあります。

私のオススメは湯たんぽ。

今季、ブーツ型の足用湯たんぽが登場しています。

まるで、ルームシューズのように履いたまま歩くことができます。

しかも、足を濡らすことがなく、保温性は抜群とのこと。
ぜひぜひ試してみたい一品ですね。


足の冷え性対策まとめ


男性に比べて女性の方が筋肉がつきにくく、
身体を温める機能が低いそうです。

そのため、冷え性は多くの女性の悩みです。

しかし、近年、自覚症状のない「隠れ冷え性」の方が
男性にも女性にもいらっしゃるそうです。

これからますます寒くなるので、
上手に工夫しながら冷え性対策していきたいですね。

スポンサーリンク

コメントを残す


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ