日傘の人気ブランドって?おさえておきたい日傘の選び方

夏のおでかけには欠かせないアイテムである日傘。
実は季節を問わず紫外線は降り注いでいるので、冬だからといって油断はできません。

お店では様々なブランドが販売していて迷ってしまいますね。
そこで、日傘の機能や選び方、人気のブランドについて調べてみました。

Aizome Kanoko Shibori 100% Cotton Parasol 藍染 日傘
Aizome Kanoko Shibori 100% Cotton Parasol 藍染 日傘 / k_hiramatsu

日傘をおすすめしたい理由

肌の老化は、日焼け止めだけでは防ぐ事ができません。
そこで、日傘はとても重要なアイテムになります。

日傘は日焼け防止以外に、熱を遮断し、涼しさを得る事が出来ますね。
帽子をかぶるのは苦手・・・という方なら、その代わりに是非、日傘を使ってみてください。

日焼け止めについては別の記事にしていますので参考にしてみてください。

日傘を選ぶポイントは?

UVカット加工されたものを選ぶことがポイントになります。
内側の生地は黒の方が、紫外線防止効果が高いみたいです。

逆に白い生地だと、地面からの照り返しが傘の内側でさらに反射し、結局、紫外線を浴びてしまうことになります。
日傘の選ぶ際のポイントとしておさえておいてください。

素材にこだわりを!

次に、紫外線だけではなく、赤外線(熱)も遮断したいですよね。
熱を遮断する効率が良いものでなければ涼を得ることはできません。

使用している素材は、綿・麻・絹や厚地のものが良いです。
さらに言えば、生地が二重張りになっている方が、繊維の内側で熱を溜め込み、内側まで通さないという特徴があります。

なお、ポリエステル生地は傘の内側に熱がこもり易いですね。

総レースにはデメリットも

総レースの日傘は、デザインは良いですがデメリットがあります。

それは、レースの隙間から紫外線や赤外線が入り込んでしまうこと。
機能的には日傘としては適しません。

出来る限り隙間の無いもの、内張りのされている日傘を選びましょう。

日傘を買い替える目安は?

sunshade / 日傘 / Kanko*

そして、今度は買い替え時のポイントをひとつ。

日傘のUVカットはおよそ2〜3年で寿命を迎えます。
購入から年月が経過しているものは、買い替えたほうが良いでしょう。

また、「晴雨兼用」よりも「雨晴兼用」の方が雨には強く、そうした設計がなされています。
天気の良い日、悪い日、どちらもしっかりと使えるのは、「雨晴兼用」です。

スポンサーリンク

4つの人気ブランド日傘

バーバリー

バーバリーの日傘はとてもシンプルではあるものの、そのシンプルさが年齢等選ばず広く愛される理由でしょう。

バーバリーチェックを全体に使ったものや、一部に入れ込むなどバーバリーらしさを演出しています。
晴雨兼用で、一年を通して使える機能性の高さも人気です。

キャサリン ハムネット

あまり人が持っていないものがお好きな方なら、「キャサリン ハムネット」がおすすめです。

オーガニックコットンを使用していて、化学的工程を出来るだけ避けて作られたエコな日傘。
清楚でシェイプされたデザインが素敵です。

アナスイ

アナスイの日傘は、全体的にフェミニンなデザインが特徴です。
フリルや曲線が美しいものが若い人にも人気です。

セリーヌ

セリーヌの日傘には上品でシックなデザインが多いですね。

セリーヌロゴや、マカダム&ドットなども素敵です。
大人の女性を演出する色味も人気のポイントなのでしょう。

スポンサーリンク

コメントを残す


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ