一目千本桜は宮城県の桜の名所!アクセス方法や見頃は?

春の行楽といえばお花見。

宮城県には一目千本桜という桜の名所があります。
東北地方の方にはお馴染みの場所ではないでしょうか。

日本のさくら名所百選や、行ってみたい東北の桜の名所でも上位にあげられる一目千本桜についてまとめてみました。

Ogawara 1000’s Cherryblossom / Yuichiro Haga

一目千本桜とは・・・

Ogawara 1000’s Cherryblossom / Yuichiro Haga

一目千本桜は「ひとめせんぼんさくら」と読みます。

大正12年に大河原町出身の実業家、高山開治郎氏が故郷大河原への馳せる郷土愛から、白石川の堤防工事完成後に桜の名所にしようと贈った千本余りの桜の寄贈により植樹され、長年大切にされてきた桜たちです。

その歴史は、大河原町のホームページで知る事が出来ます。
大河原町公式HP
http://www.town.ogawara.miyagi.jp/

一目千本桜の桜まつりの開催場所は?


大きな地図で見る

宮城県柴田郡大河原町金ヶ瀬〜柴田町船岡土手 全長8キロ。
桜まつり会場は、白石川右岸河川敷公園(大河原橋〜末広橋間)です。


おおがわら桜まつりの開催時期は?

桜の開花時期に合わせて、毎年4月の中旬頃に開催されます。
開花時期は気候等で変動することが予想されます。

詳細な日程は大河原町のホームページでご確認ください。
http://www.town.ogawara.miyagi.jp/team/syoukoukankou/g_event/event.html

一目千本桜への交通アクセス・駐車場は?

電車をご利用の場合

JR大河原駅から徒歩約3分です。

車をご利用の場合

  • 東北道 白石ICから約15分
  • 東北道 村田ICから約20分

有料駐車場がありますが数は少ないです。
河川敷臨時駐車場なども開設予定ですが、一般車のみとなります。

大変混雑が予想されますので、スムーズに桜を楽しむのであれば、公共交通機関の利用が良いでしょう。

スポンサーリンク

一目千本桜の桜まつりの内容は?

観光物産協会売店及び各種出店、屋台が予定されています。

お花見弁当の販売や、往復2.3キロを約20分かけて運航する「お花見屋形船」も人気です。
ただし、天候等により運休の場合もあります。(予約不可)
他にも各種イベントなどの催し物もあるので、是非チェックしてお出かけ下さい。

大河原町観光協会 桜まつり
http://oogawara.com/sakura.html

一目千本桜の見どころは?

大河原町の一目千本桜は全長8キロに渡り、1000本あまりのセンダイヨシノや八重桜、ソメイヨシノが咲き誇ります。

桜色のトンネルを潜りながら、日中であれば白石川と雪残る蔵王連峰を眺めることができるでしょう。
その風光明媚な景色に目を奪われ、桜の開花の期間になると夜桜も楽しめ、園内にぼんぼりとLEDライトでライトアップされ幻想的な空間に感動を覚えます。

桜まつり会場から1.5kmほど川を下った場所にある「韮神堰」は、多くのポスターや雑誌などにも使用され、「蔵王連峰と一目千本桜」の撮影スポットとして有名です。

帰りにお土産買いたい!特産は?

空気・水が綺麗で美味しい大河原町では、美味しいものがたくさんあります。

大河原町の特産品としては、ゆず枝豆ブルーベリーが挙げられます。
桜まつり開催時にはそうした特産を使用した加工品などもお土産に大変喜ばれます。

スポンサーリンク

コメントを残す


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ