ほおずき市といえば浅草寺!でも由来は愛宕神社だって!?

ほおずき

浅草寺のほおずき市


縁日というのは、神様や仏様と縁のある日を選び、供養やお祭を行う日なんだそうです。
たとえば、日蓮聖人は13日、閻魔は16日、観世音菩薩(観音菩薩)は18日、といった感じです。

ですが、この日以外にも特別な縁日(功徳日)が設けられており、この功徳日にお参りをすると百日分、千日分お参りしたのと同じだけの功徳を得られると信じられています。

浅草寺は聖観音菩薩(しょうかんのんぼさつ)を本尊としていることから、通常は毎月18日が縁日となります。

そして、観音菩薩の功徳日なんですが、毎年7月10日は千日分のお参りと同じになる「千日詣(せんにちもうで)」に当たります。

ところが、浅草寺では独自に7月10日の観音様の功徳日は「四万六千日(しまんろくせんにち)」と呼ばれるようになり、文字通り、46,000日分のお参りに相当するそうです。

46,000日というと、およそ126年分!

つまり、7月10日に参拝すれば、126年毎日欠かさず参拝したのと同じこと。

ですから、浅草寺では7月10日のお参りを逃すまいとする参拝者が前日の9日から人が集まるようになったことから、いつしか7月9日・10日の2日間が「四万六千日」とされるようになりました。

ほおずき市はこの7月9日、10日の2日間に開催されます。

7月頃には全国でほおずき市が開かれますが、浅草寺は特に有名で、60万人もの人が訪れるそうです。

スポンサーリンク



ほおずき市は他所からやってきた!?


ほおずき市はもともと、愛宕神社で開かれていたそうですが、浅草寺と同じく観音様の功徳日を「四万六千日」と呼ぶようになると「同じ四万六千日なら浅草が本家だろう」ということで浅草寺にもほおずき市が立つようになったらしいという話もあります。

ほおずき市でのほおずきの値段は?


ほおずき市という名前のとおり、どのお店でもほおずきを売っています。
当たり前ですけどね。

ほおずき市でのほおずきの値段は?というと、以外にも協定があって、価格はどのお店でも同じ値段なんだとか。

その値段、2,500円。(2013年調べ)

今後、増税の影響が出てくるのか分かりませんが、参考までに。

とはいうものの、お店によって値段交渉ができるそうで、関西の人にとっては腕の見せどころかも!?

ほおずきも熟したものや、まだ青いものなど、それぞれですから、お好みのほおずきを探してみるのもいいかもしれません。

ほおずきは薬草?毒草?


ほおずきはナス科の多年草。茄子の仲間なんだそうです。

ほおずきは様々な品種があり、食用のほおずきであるショクヨウホオズキは甘酸っぱくておいしいです。
北海道や秋田県、山形県の一部の市町で特産品となっています。

観賞用のほおずきには毒性があって食べられません。
味も苦いんだそうです。

また、ほおずきには微量ですがアルカノイド(窒素元素を含んだ天然の有機化合物)が含まれており、根っこには子宮を緊縮させる作用があるそうです。

妊婦さんは口にしないのが得策かと思います。

ほおずきは平安時代から鎮静剤として利用されてきた歴史がありますが、ちょっと怖い植物でもあります。

スポンサーリンク

コメントを残す


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ