女性の一人暮らしの引越しの注意点は?簡単にできる安全対策

女性の単身での引越しには、何かと気になることばかり。

出来れば女性スタッフにお願いしたいし、
女性の一人暮らしにはどういった物件を探せばいいのか・・・。

女性の引越しについての様々な注意点について調べてみました。

女性引越し

女性のための物件探し


家賃の予算にも寄りますが、割高であっても出せる方であれば、
レディース専用マンションを選ぶ事をお勧めします。

レディースマンションの特徴は・・・

  • オートロック、防犯カメラの設置有・二重施錠・管理人常駐など。
  • 女性専用であるため、住人に男性がいる事が無いので危険性が少なめ。家族や友達などの男性であっても立ち入り制限がある建物もあります。

では、予算があまり出せない女性はセキュリティとは縁遠いの?
なんて諦めないでください。

出来る限り以下の様な物件を見つけるとベターです。

  • 2階以上の部屋であること。
  • ドアホンなどの設置があり、ドアを開けずに訪問者を確認が出来る。
  • 駐輪場や駐車場や、周辺に夜間照明が多い。
  • エレベーターのドアに中や外から確認が出来る窓があること。
  • 容易に登ってこれない角部屋。
  • 開閉可能なポストでないこと。
  • ドアチェーンがきちんとある場所。
  • 決まったゴミ集積所が設置してある。
  • 物陰が多い、人通りが少ない通りは避ける。

以上のことなど、物件選びの際に担当さんへ希望を伝えると
希望に合った物件、もしくは近い物件を探してくれるので、
きちんと伝えましょう。

遠慮は無用です。
ただし、すべての希望が叶う物件なんて見つからない
と思いますので、そのへんはご容赦を。

物件が見つかったら、次は引越し業者の選び方です。

女性のための引越し業者選び


物件が決まったら早速、引越し業者選びになると思います。

引越の見積もりについては現状の生活状況を見て
出してもらった方がよいでしょう。

家具や大型家電、その他の荷物がどれくらいになるか、
引越しのプロならひと目で判断が付きます。

実際に荷造りを経験すると分かりますが、
予想以上のダンボールの山になります。

電話のみであったり、ネットであった場合には
当日になって箱が増えてその分割り増しになってしまった!
ということにもなり兼ねないので注意です。

訪問見積もりの際には大概男性スタッフの方がやってきます。

その際、どうしても見られたくないものがある場合には
事前に見えない様にする工夫も必要ですが、
今では訪問見積もりの時点で女性スタッフが来てくださる業者さんもあります。

どうしても男性は嫌だなという方は利用してみるのも1つです。

さて、引越し業者も決まったら、
使わないものから順次、荷物をまとめていきましょう。

スポンサーリンク



引越しの梱包から搬送・搬入まで


自分で梱包する方であれば、業者の引越パックなどで
段ボールがいただけたりするのでよいでしょう。

自分で梱包は無理!という方は
全ておまかせのパックの利用もよいかもしれません。

ただし、その分、割高で自分の生活用品を全て見られてしまう
ことを考慮し、女性スタッフで梱包から搬入まで行ってくれる
業者さんを選ぶとよいでしょう。

自分で梱包をし、搬送・搬入は男性でも構わないという方なら
見合った料金で行けるでしょう。

つまりは、手間を省き自分の希望を叶えるということは、
それなりの費用が必要ってことですね。

荷物の運び込みが済んだら、
新居での片付けが始まります。

搬入後のお部屋作り


搬入が終わった後は、出来る限り早く片付けて
しまいたいものですよね。

その際、段ボールが大量に出て、ゴミ置き場まで出しに行くのが
困難な場合もあります。

業者さんによっては、引越1週間後くらいを目処に
段ボールを引取に来てくれる業者もあります。

そのようなサービスは、是非利用しましょう。

そして大事なのはお部屋作り。

ここで更なる防犯面を強化することが出来ます。

例えば、いかにも女性が住んでいると思われる様なカーテンの使用。

どうしても可愛いのがいい!という方であれば、
遮光カーテンをお勧めします。

遮光カーテンは、外側は灰色で部屋側が色柄が付いているものが多いです。

そうしたことにより、女性の独り暮らしであることを多少カモフラージュできます。

また、遮光カーテンを利用することによって、
日中であれば部屋の電気を付けない限りは、
外から部屋の中を覗かれる事が軽減されます。

また、窓際は外からよく見えるので、
ぬいぐるみなどを置かない事やカフェカーテンなどの使用も注意です。

出窓があるお部屋などに多く見られがちで、
そこで確実に女性のみの部屋であることが解ってしまいます。

男性が一緒にいるんだというカモフラージュって
結構重要だったりしますよ。

女性のための玄関先の工夫


江戸東京たてもの園part2-005
江戸東京たてもの園part2-005 / nakimusi


玄関に男性用の靴を1つ置くとそれだけで随分印象が変わり、
宅配業者や不意の男性訪問者からのカモフラージュになります。

方法は、コンバースの靴など中古で買って置いておくなどするだけです。
これみよがしに黒や紺の大きめの傘などもいいかもしれませんね。

いざという時に、傘を・・・コホンコホン

これだけで勧誘から逃れられたり、
所帯持ち・彼氏が在宅していそうだ等、女性1人でないと思わせる事ができます。

まさかと思われますが、案外、効果は大きいものです。

スポンサーリンク

コメントを残す


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ