ジューンブライドの何が面白いのかやっとわかった

6月というと真っ先に思い当たるのが、ジューンブライドという言葉。
日本では6月といえば、北海道を除いて梅雨真っ盛りの時期です。
じめじめとした鬱陶しい季節ですが、やっぱり6月に結婚式を挙げるカップルは多いんでしょうか?

その辺り、調べてみると意外なことが見えてきました。

花嫁

ジューンブライドの意味


まずは、言葉のおさらいから。
ジューンブライドと聞くと

  • 6月に挙げる結婚式?
  • 6月に結婚するカップル?

などという意味に捉えてしまいがちですが、本来は、6月に結婚式を挙げる花嫁のこと。

ほら、「6月の花嫁」なんて言いますよね?

bride(ブライド)の意味は「花嫁、新婦」なんです。

bridal(ブライダル)というと形容詞としては「花嫁の、婚礼の」、名詞としては「結婚式、婚礼」という意味になります。


ジューンブライドの由来


ジューンブライドの由来はご存知の方も多いと思いますが、ローマ神話の女神、「ユノ」(Juno、別名:ジュノー)から来ています。

6月(June)はユノの月。
そして、ユノは結婚や出産、母性を司る女神。

ですから、6月に結婚するとユノの加護を受けられるという古くからの言い伝えがあるんです。

実は、ローマ神話のユノは、ギリシャ神話の女神「ヘラ」と同一視されています。
ヘラというと全知全能の神ゼウスの奥様。

ヘラは非常に嫉妬深く、浮気症のゼウスと関係を持った女性には神だろうが人間だろうが容赦ない仕打ちをしたといわれる、かなり怖い神様でもあります。

ちなみに、ヘラはゼウスの姉妹だったりもします。
(ゼウスは長男だったり、末っ子だったり、いろいろな説があるので姉妹という表現になります。)

スポンサーリンク


昔のヨーロッパは3〜5月は結婚できなかった?


ジューンブライドの由来を調べていると、

昔のヨーロッパでは3〜5月は農業の繁忙期にあたり、農作業に支障が出るからこの時期に結婚することは禁じられていた。6月から結婚が解禁されたことから「ジューンブライド」という習慣が生まれた。


というような話がチラホラ見られました。

でも、昔のヨーロッパでは3〜5月に結婚することが禁じられていたなんて聞いたことがありませんし、調べても調べてもやっぱりそのような事実があったという信用できるソース(情報元)が見つかりませんでした。

「結婚すると農作業に支障が出る」というのもなんだか腑に落ちませんし。

このような説を紹介しているのは、ブライダル関係のショップや業者さんのサイトばかりでちょっと違和感を感じます。

ブライダル業界内で広まっている噂なんでしょうか?


6月は結婚式ラッシュ?


結婚式テーブル

日本では、ジューンブライドに憧れる女性が多いと思いますが、実をいうと6月に結婚するカップルは特別多いわけではないようです。

やはり、梅雨という気候が問題になりますから。

過ごしやすい気候の3月〜5月、9月〜11月くらいが結婚式が多く、夏や冬はどちらかというと少ないみたいですよ。

自分達だけならともかく、お客様にもじめじめした季節にスーツなどで来てもらわないといけないですからね。

6月に結婚した有名人


6月に結婚するカップルは実はそんなに多いわけではないとわかったところで、6月に結婚した有名人をあげてみましょう。

  • 皇太子さま&雅子さま(1993年6月9日)
  • 堂珍嘉邦(CHEMISTRY)&森田あつ子(2004年6月1日)
  • 杉浦太陽&辻希美(2007年6月21日)

もっといっぱいいるのかと思ったのですが、意外にもあまり見つかりませんでしたね。

さて、6月は祝日のない月として有名ですが、皇太子さまと雅子さまが結婚された1993年6月9日は祝日になったんでしたね。

覚えている人、いらっしゃいますか?

スポンサーリンク

コメントを残す


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ