かぼちゃは冷凍保存して最後まで無駄なく美味しく!

かぼちゃを調理するとき、
皮って捨ててしまっていませんか?

いろいろな食材でも言われることですが、
皮の方が実よりも栄養がたくさんあるなんて
言われています。

また、かぼちゃの場合、「わた」の部分にも
ものすごい栄養が詰まっているそうです。

かぼちゃは種こそ取り除いたほうがいいですが、
あとはすべて食べることのできる食材なんですね!

スポンサーリンク



かぼちゃの保存期間は?まるごとの場合、冷凍の場合。


かぼちゃは切らずに丸ごと、そのままの状態であれば
常温でも1~2か月と長期保存することができます。


風通しの良い冷暗所で保存することで、
甘みが増し、栄養価も上がるそうです。


かぼちゃは寝かせると美味しくなるんですね!

しかし、一度包丁を入れたかぼちゃは
あまり長持ちしません。

せいぜい、4~5日程度。

表面にカビが生えてしまうので、
種とワタをしっかり取り除いて保存します。

丸ごと食べない限りは、
切ったらすぐに冷凍保存するといいですよ。

かぼちゃを冷凍保存すると長期保存できますが、
美味しくいただけるのは1か月くらいでしょうか。

調理方法を工夫して早めに消費されることを
おすすめします。



カットして冷凍庫へ!具体的な方法は?


パンプキンパイのイラスト

時間がないときには、
食べやすい大きさに切って、
サランラップで包んで冷凍庫に入れます。

もちろん、ジップロックでもOK!

時間があればマッシュして冷凍するのも
おすすめです。

ラップのイラスト

気を付けておきたいのは、
かぼちゃを熱いうちにつぶしたら、
しっかり冷ましてから薄く小分けにして冷凍することです。

冷凍かぼちゃで作れるメニュー例


冷凍かぼちゃは、冷凍の仕方によって
お料理の方法が変わってきます。

使いやすい大きさに切って冷凍した場合は、
凍ったまま煮物にしたり、
お味噌汁に入れることができます。

また、電子レンジで解凍すれば、
炒め物や天ぷらとして使うことができます。

マッシュして冷凍した場合は、
コロッケやスープ、お菓子にだってすることができますよ。

また、小さなお子さんがいる方は
離乳食としても使うことができるので
一石二鳥ですね。

かぼちゃの冷凍保存まとめ


かぼちゃの冷凍保存

「かぼちゃ」を英語でいうと
ほとんどの人は「pumpkin(パンプキン)」って言いませんか!?

実際、そう学校でもそう習いましたし。

でも、これはオレンジ色のかぼちゃのことを指すそうです。

日本で私たちが良く目にする緑色のかぼちゃは
「スクウォッシュ」というそうです。

アメリカではオレンジ色のかぼちゃ以外は
みんな「スクウォッシュ」なんだそうです。

というのは置いておいて、
オレンジ色のかぼちゃというと思い浮かべるのがハロウィン。

日本では「コスプレイベント」として
定着してしまいそうですけどね。

日本ではまだあまりハロウィンの風習は
広まっていませんが、
我が家では子どもやお友だちと一緒に
ハロウィンパーティーをします。

ハロウィンの時に飾る、目と口と鼻をくりぬいて作る
「ジャック・オ・ランタン」は、
現在では観賞用のかぼちゃを使って作られます。

昔は食用のかぼちゃをくり抜いて、
パンプキンパイを作って食べていたそうです。

いつか、本物のかぼちゃをくり抜いて、
ジャック・オ・ランタンを作ってみたいです。

スポンサーリンク

コメントを残す


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ