季節外れの花粉症?アレルギーと花粉症の違いは?

花粉症と言えば、スギやヒノキがパッと思いつきます。


毎年、スギ花粉は2月上旬頃から飛び始め、遅れてヒノキ花粉も飛び始めます。


それが地域にもよりますが、4月〜5月まで続くんですから、この期間は花粉症の方は最も辛い時期です。


受験を控えている受験生は集中力が切れて大変ですし、社会人も多くの会社では年度末、または新年度の大変な時期ですね。


花粉症鼻かみ


毎年のように新しい花粉対策グッズや花粉症に効くという食品、病院では薬や治療法が登場してますけど、そもそもアレルギーと花粉症の違いはどこにあるのでしょうか。


アレルギーと花粉症


花粉症は、鼻炎や喘息と同じようにI型アレルギーに分類されるアレルギーのひとつです。

アトピー性皮膚炎やアナフィラキシーショックもI型アレルギーに分類されます。


I型アレルギーの特徴は、アレルギー症状が10分程度で現れる即効性にあります。


ちなみに、アレルギーはI型、II型、III型、IV型、V型まであります。

アレルギーは体質による?


花粉とはじめとした抗原は、体内に入り込むと抗体などにより体外へ排出されます。

抗体にもいろいろありますが、健康な方(花粉症でないという意味で)の場合、「IgG」というタイプの抗体が抗原を分解・排出します。


ところが、どういうわけか、「IgG」の他にも「IgE」というタイプの抗体を作ってしまう体質の人がいます。


IgE」も抗体なので、抗原を捉えて排出しようとするのですが、余計なことに「ヒスタミン」という物質を出してしまうのだそうです。

この「ヒスタミン」こそが血管の炎症を引き起こす原因です。
花粉が毒素を出しているわけではありません。


IgE」が過剰に生産されると「ヒスタミン」も血液中にたくさん放出され、血管が炎症を起こしていきます。

これが、目や鼻、のどなどの痒い、痛いの症状につながるのです。

薬局やドラッグストアなどで購入できる花粉症や鼻炎の薬に「抗ヒスタミン剤配合」などと書かれているのはこのためなんですね。


スポンサーリンク




季節外れの花粉症


花粉症の時期と言えば春先〜春ですが、それ以外にも目が痒い、鼻がムズムズする、という人がいます。

花粉症の原因となるのはスギやヒノキだけじゃありません。
(先にも書きましたが、花粉自体が毒を持っている訳ではないのですが。)


秋にはブタクサやイネ科の植物の花粉に反応するという人もいます。

北海道ではスギやヒノキではなく「シラカバ」の花粉症の方が多いそうです。

そして、冬は花粉が飛びにくい季節ではありますが、まったく無いわけではありません。
毎年、決まった時期に目や鼻が腫れるなどの症状が出る人は、病院で血液検査やパッチテストなどを受けておくといいかもしれません。


海外にも花粉症はある?


今や、スギの花粉症は日本人の国民病ともいわれています。

食生活の欧米化が原因などとも言われますが、海外でも花粉症はあります。

日本では花粉症の時期でもないのに、海外旅行先で目がしょぼしょぼする、くしゃみが出るなど苦労した経験がある方もいらっしゃるのでは?


ちなみに、私もそのうちの一人です。
(数年前になりますが、6月下旬から7月上旬にかけてアメリカへ行った時に花粉症らしき症状で参りました)

逆に、花粉症の時期に海外旅行へ行ったら症状が出なかったという方もいます。


言葉の通じない海外で、病院にかかるのは大変です。


海外旅行へ行く際には、渡航先の花粉情報もチェックしておきたいですね。

スポンサーリンク

コメントを残す


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ