寒中見舞いを送る時期はいつまで?2月でも間に合うもの?

寒中見舞いの役割って色々あるんですね。

恥ずかしながら、私は、
喪中の方から送られてきた場合だけだと思っていました。

私の場合は、年賀状の出し忘れというか、
毎年、お正月は実家に帰省しているので、
送られてきた年賀状を見るのが
どうしても1月3日頃になってしまいます。

今までは、年賀状をいただいた方で
こちらが出していなかった方には、
あわてて年賀状を作って出していましたが、
寒中見舞いとして挨拶するのがスマートかもしれません。

来年からはこのような場合に寒中見舞いで
ご挨拶をしようかなと思います。

スポンサーリンク



寒中見舞いってそもそも何だ?


寒中見舞いとは、二十四節気でいう、
1月5日頃の小寒から、2月4日頃の立春までの
寒中に行うお見舞いで、日本の習慣のひとつになっています。

現在では、年賀状の返答や、
喪中のために年賀状が出せない場合のほか、
豪雪地帯や寒冷地の方の体調を気遣うお手紙として
出すようになったそうです。

寒中見舞いの時期

寒中見舞いを送るのはこんな場合

寒中見舞いを出すのは、

  • 喪中の方に年賀状の代わりとして出す挨拶状
  • 相手が喪中だという事を知らずに年賀状を出してしまった方にお詫びとして出す手紙
  • こちらが喪中であると知らずに年賀状をいただいた方への返信
  • 年賀状をいただいたのに出し忘れてしまった場合

などが挙げられます。



寒中見舞いはいつ出すのが正解?


寒中見舞いは、1月1日から1月7日の松の内が明けてから、
2月4日頃の立春までの間に出すようにします。


また、寒中見舞いとは、「寒」の時期に
相手の健康を気遣って出すお見舞い状
という意味でもあります。

「寒」の期間というのは、繰り返しますが、
1月5日頃の「小寒」(寒の入り)から
2月4日頃の立春までを指します。

とにかく、寒中見舞いを出すのは、
一年で最も寒い季節だということです。

寒中見舞い雪だるま

寒中見舞いを出す時期のまとめ


寒中見舞いのはがきですが、
郵便局等で寒中見舞い用のはがきを
購入することができます。

無地のはがきだと何となく寂しいですよね。

種類もけっこうたくさんあって、
椿の花、雪山、雪だるま、雪うさぎ、
かまくら、毛糸の手袋やマフラーといった
冬の風物詩を取り入れたイラストのはがきがあります。

寒中見舞いについてお話ししましたが、
立春の頃を過ぎてから出す場合は、余寒見舞いとなります。

これは、春になっても
まだ寒さが残っているという意味のようです。

余寒見舞いは、立春が過ぎてから
2月末までに出すそうですが、例外もあり、
豪雪地方の方に出す場合は、3月上旬でもいいそうです。

参考までに。

スポンサーリンク

コメントを残す


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ