結婚内祝いの相場って?目安となる金額は?

結婚式が終わった!と思っても、まだまだやらなければならないことが残っています。

いわゆる、結婚内祝い。

結婚って色々大変なものなんだなぁと、友達を見ていて思ったりしました。
そこで、意外に知らない結婚内祝いの相場や、どういったお返し方法があるのか探ってみましょうか。

結婚式内祝い

「内祝い」はご祝儀のお返し


さて、「内祝い」の他にも結婚式と言えば「引き出物」ってありますよね?

引き出物は結婚披露宴で出席していただいたお客様にお持ち帰りいただく品物です。

内祝いと引き出物は用途が異なっていて、お返しの相場も異なる様です。

引き出物


引き出物は披露宴に出席していただいたお客様へお渡しする品物です。

内祝い


内祝いは、披露宴に参列は出来なかったけれど、ご祝儀を頂いた方へのお返しになります。

地域に寄っては親族・血縁以外の方へは「御礼」とするところもあるそうです。
式後、1ヶ月以内に贈るのが礼儀です。

忘れないようにしたいですね!

内祝いの金額相場は?


内祝いの場合、いただいたご祝儀の半分程度の額の商品を用意し、お返しするのが一般的です。

また、ご祝儀ではなくお祝いの品をいただいた場合にもお返しは必要ですが、金額が定かでない事が多く悩む事もありそうですね。

せっかくいただいた贈り物の金額を割り出すというのは、なんとなく心が痛む様な気もします。

相手を値踏みしているようでなんとなく嫌な気もしないでもないような・・・。

ですから金額は参考にしつつ、お相手が喜んでくれそうなものを吟味するということが大切です。

スポンサーリンク


内祝いの定番といえば?


内祝いの定番と言ってもちょっと難しいですね。

というのも、贈る方の年代・趣向が異なるため、一般的に「これ」という定めがないからです。

ただ、出来る限り質のよいものを選ぶというのは、礼儀です。

そして実用的で、自分達の趣味を押し付ける様なものではなく、相手が喜んでくれそうな品物を選ぶという事が、とても大切だと思います。

そこで、最近では、ギフトカタログを利用される方も多いですね。
私ももらったことがあります。

今では、贈る方の年代や、趣味趣向などを金額別に厳選されたものが多く用意されていて、選んでもらうという楽しさもプラスされるので重宝されています。

厳選!カタログギフト


カタログギフトは、有名デパートや大型スーパー等で取り揃えがありますが、インターネット上でも、豊富に取り揃えているショップもある様なので、いくつか参考までにまとめておきます。

参考になれば幸いです。

上質カタログギフトで有名なショップです。
価格帯と用途・ご年配向けなど豊富な取り揃えがあり、中にはお食事券ギフトや、選べる宿泊券ギフトなんてものもあります。カタログ自体もとても素敵です。

結婚内祝いで人気No.1のブライダル限定カタログギフト。
有名ブランドの取り揃えも多く、女の子に人気の「earth music&ecology」等の商品も取り揃えあり!他にも旅行やお食事、スイーツ・ブランド肉等幅広く取り揃えがあります。
思わず自分でも欲しくなってしまうカタログです。

言わずと知れたCM等でもおなじみのカタログギフトショップ。
実用雑貨・グルメなどの取り揃えです。贈る人で選んだり、アイテム別、もちろん価格別などで選ぶ事も可能です。

相手の好みが分かっていれば


お返しするお相手の好きなものが分かっている場合があると思います。

例えばグルメであったりスイーツ好きであったり。

その辺りは様々だと思いますが、明確に「○○の××が好き!」とご存知であれば、その銘柄やメーカー・ブランド等から見合った物を贈るのも悪くないでしょう。

スポンサーリンク

コメントを残す


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ