自動車免許の合宿はお得か!?申し込み前にチェックすべきポイント

自動車免許を取得するために通わなければいけない教習所。

近くの教習所に入ろうか、合宿ってのも気になるし・・・

なんて迷っている人も多いのではないでしょうかね。

自動車免許の合宿というと、ホテルに泊まって、みっちり授業。

休日は観光して、遊んで、それでいてなぜか安い!
みたいなイメージじゃないですか?

Driving Lesson
Driving Lesson / rok1966


実際、宿泊費や食費、交通費まで込みで、
地元の通いの教習所より数万円安いなんてのは当たり前です。

お金や免許を取得するまでの時間だけを考えれば
合宿免許というのは大変な魅力なんです。

でも、合宿免許の経験者から聞いた話では、
いろいろ注意したい点もあります。

そんな話を少しお話したいと思います。

自動車免許合宿の基本


自動車免許を取得するのはお金も掛かりますし、
学科に実技、仮免試験、卒業試験など、ハードルも多いです。

ですが、自動車の免許は、一度取ってしまえば、
違反や更新さえ忘れなければ一生モノです。


ほとんどの人は二度と教習所に通うことはありません。

ですから、生徒を集めるために自動車免許の合宿プランは
年々競争が激しくなっており、どんどん進化しています。

リゾート地での合宿も多いですね。

宿泊はきれいなホテル、希望すれば個室もOKだったり、
女性のみで参加できたり。

彼氏・彼女と同室OKだったり、
グループ割引が用意されていたりとプランは
たくさん用意されています。

ですので、焦らず、自分にあったプランをよく検討しましょう。
日本全国、希望する場所で合宿できるんじゃないでしょうか。

それから、気になるのが実際に教習でかかる費用。

合宿免許の相場っていくらくらいか想像できますか?


スポンサーリンク




自動車免許合宿の費用


利用する教習所、早期予約による割引、
グループ割引などでずいぶん金額に差が出ます。

普通二輪免許(バイク免許)を既に持っているとさらに安くなったりします。

授業もその分免除されますしね。

ざっと調べたところ、
16万円〜20万円程度、というところでしょうか。

この中に、宿泊費、食費、教習・検定料金込みですからね。

条件によっては交通費が支給されたり、
もし、試験に落ちて延長することになっても追加料金が要らなかったり。

多くの教習所では、卒業まで保証してくれるようです。
あくまで本人の努力次第ですが。

分割払いやスキップローン(支払いの先延ばし)も可能だったりします。


親に費用を出してもらう場合は、よく相談しましょうね。

自動車免許合宿の期間は?


AT(オートマ)とMT(マニュアル)で若干異なります。

ATの場合、最短14日間というところが多いですね。
MTの場合は、最短16日間くらいでしょうか。

誰でも簡単に14日間でAT免許が取れるという
訳ではありませんからお間違えなく。


すでに二輪免許を持っていたりすると
教習内容の一部が免除になるのでこの期間になるのだと思います。

それに、試験等もありますし、
技能教習は毎日テストを受けるようなものです。

決められた項目をクリアしないと教習は延長していきます。

まったく、本人次第ですよ。

それでは、1日のスケジュールってどんなものなんでしょうか。

合宿は一日中授業があるの?


いえ、そういうわけではありません。

技能教習は1日2時間までと決まっています。

実際に自動車免許合宿に参加した人の話では、

暇な時間が多い」ということです。

実際に車を運転するようになるとわかりますが、
慣れないうちは身体に力が入るからか、
短時間の運転でも非常に疲れちゃいます。

技能講習が2時間までとなっているのも納得ですかね。

自動車免許合宿はひとりでも参加できる?


もちろん、合宿免許はひとりで参加してOKです。

人見知りしない性格の方は、あたらしい友達ができるチャンスですね。

プライベートはひとりがいいという人は、
個室を希望できる教習所を選ぶと良いでしょう。

逆に、グループで申し込むと、割引額も大きくなりお得です。

グループでの参加は、教習以外の時間も仲の良い友達と
ワイワイガヤガヤ楽しく過ごせそうですね。

スポンサーリンク

コメントを残す


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ