喪中に年賀状をいただいた!失礼のない返事は?

喪中の時に年賀状をいただいた方に、
寒中見舞いを送ったことがあります。

相手の方はきっと喪中であることを知らずに
年賀状を送ってくださったのだと思います。

喪中だからと言って、そのままにせず、
寒中見舞いで挨拶をするという習慣。

私は素敵だなと思います。

スポンサーリンク



年賀状を出していない方からのまさかの年賀状!


年賀状を出していない方から
年賀状をいただいた場合、
すぐに返事が書ければ問題ありません。

私の場合、年末年始は毎年、実家に帰省しているため、
誰から年賀状が届いているか
すぐに確認することができません…

なので、年賀状をお返しするのではなく、
寒中見舞いでお返事をするという事に自然となっています。

返事はどうする!?寒中見舞いで大丈夫?


寒中見舞い

年賀状を出していない方から
年賀状をいただくということは
まあ、よくあることなのではないでしょうか。

普通です。

でも、そのままにしては大変失礼なので、
きちんと寒中見舞いを送るようにしています。

今回は、年賀欠礼状(喪中はがき)を出していない方から
年賀状をいただいた場合の例文です。
(例文)

喪中の寒中見舞いの例文

文の締めは「元旦」ではなく、「一月」としています。
元旦は、1月1日の午前中のこと。

「旦」は水平線から日が昇る様子を表した漢字と
聞いたことがあります。

納得ですね。

寒中見舞いの注意点?出して良い期間は?


寒中見舞いの注意点

寒中見舞いは、一般的に

1月1日から1月7日の「松の内」が明けてから、
2月4日ごろの立春までの間に出すようにします。


寒中見舞いを送る相手の方が
喪中の場合(年賀欠礼状、喪中はがきをいただいた方)もそうですが、
こちらが喪中の場合も、賀詞やおめでたい言葉は書かないようにします。

例えば、

  • 「あけましておめでとうございます」
  • 「お慶(よろこ)び申し上げます」

などです。

お正月によく見かける「賀」の字も
おめでたい意味がありますので
使用しないようにしましょう。

「年状」は「年状」とするのが一般的のようです。

そして、もちろんですが、
年賀はがきを使ってはいけません。

また、年賀状をいただいたのに、出し忘れてしまった、
事情があって出せなかったという方へ
寒中見舞いを送る場合は、相手を不愉快にさせないように
言葉遣いに気を付けなければいけません。



喪中の寒中見舞いのまとめ


近年、メールなどで新年のあいさつを済ます方が増え、
年賀状がだんだん少なくなってきました。

でも、やっぱり年賀状は遠方の友人や
なかなか連絡を取ることができない方の近況を
知ることができるので、私は毎年楽しみにしています。

また、印刷で年賀状を作成するという方が
増えてきましたが、それだけで済ませては
ちょっと楽しみがありません。

作法と言いますか、礼儀、マナーに気をつけないと
いけない面もありますが、
必ず一言は手書きで書くようにすると、
送られてきた方も楽しみながら見ることができますよね。

スポンサーリンク

コメントを残す


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ