中嶋農法とは?密かに話題の農法や特徴のまとめ

今、注目を浴びている農法「中嶋農法


どうやらこの農法で育てられた野菜はとてもミネラルが豊富で美味しいと評判なんですね〜。


その人気の農法についてあれこれ調べてみました。

野菜

中嶋農法とは?


旧社名はエーザイ生科研株式会社で、2013年に株式会社ローソングループに移行し、現社名「株式会社 生科研」に変更した会社が開発した農法ということです。


その農法は、「中嶋農法」の創始者である中嶋常允氏が長きに渡った研究によって辿り着いた2つの基本技術で成り立つミネラル栽培農法です。


「中嶋農法」は株式会社 生科研の商標登録がなされており、この農法を使用したい場合には、厳しい条件の元に契約を締結する必要性があるのだそうです。

中嶋農法の2つの基本技術とは?


1つは「健全な土壌つくり」の技術。


精密な土壌分析を行って土の健康診断を行い、そこから作物に必要な土壌養分を多量要素から微量要素まで把握するそうです。


それらのデータを用いて綿密な施肥を行う事によって、作物が育つのに最も適したバランスのよい土壌と理想的な栄養吸収を実現することが出来ます。


2つめは「育成コントロール」の技術。


植え付け後の作物は、生育する環境の影響を受け続け、正常に生育すれば何も問題はないですが、気象や栄養条件によって栄養バランスが崩れて、品質の劣化や花芽の分化が後れたり等があります。


そこで常に育成状況の観察と葉面散布剤等を持ち入り、栄養バランスを調整しながら正常に戻し、品質など向上を計ります。


スポンサーリンク




葉面散布剤ってなに?農薬などは使うの?


無農薬農法を成功させているのが中嶋農法の利点。


中嶋農法で使用する「葉面散布剤」とは同社の商品で、有機成分であるリン酸やアミノ酸であるポリリン酸など配合した安心・安全な中性の生育活性で、即効性があり気象災害時などの栄養補給などに最適な商品です。


ただ、よい物を作り出している訳ではない


「食を通じて人々の健康と生命に貢献する」という理念があってこその農法です。


創始者の「人間の健康」を想う気持ちが織り込まれた農法であり、その作物のミネラルや栄養バランスは多くの消費者に支持があるのも納得です。


中嶋農法で育った作物はどこで買えるの?


実は、中嶋農法で栽培された野菜は身近なお店で手に入れることができるんです!

気軽に買えるといえば、ローソンや、ローソン100等などで野菜や果物の購入が可能になっていますね


また、ファンケルでは中嶋農法で育てられたケールが取り入れられている様です。


そして、日本コカコーラで発売している「一(はじめ)茶織」の茶葉も中嶋農法で育てられた茶葉を使用しています。


その他、地域が限定されますが、群馬県高崎市のスーパー「とりせん」では、中嶋農法の農作物の取扱いがあるとのことです。


もっと他にも取扱いのある店舗はあると思います。


ネット通販では、お米や野菜ジュースなどを取り扱っている店舗もあるみたいですよ。

スポンサーリンク

コメントを残す


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ