仁和寺の紅葉の2015年の見頃は?ライトアップはあるの?

今回は、京都でも特に有名な観光スポットでもある仁和寺の紅葉について取り上げたいと思います。

仁和寺の紅葉の時期、見頃、周辺のスポットについてまとめましたので、参考になさってください。





仁和寺の紅葉の見頃、樹木の種類は?


仁和寺の紅葉の見頃は、概ね、11月上旬〜12月中旬になります。

仁和寺で紅葉するのは、カエデが中心ですが、仁王門から金堂につづく参道などで、美しいカエデの紅葉を見ることができます。



京都の仁和寺の魅力


仁和寺は、真言宗御室派の総本山で、世界遺産に登録された世界に誇る由緒あるお寺です。

歴史も古く、西暦888年に完成し、明治維新前までは歴代の皇族が住職を務めたという格式高いお寺でもあります。

皇室との関わりの深いお寺でもあり、御殿の内部はまるで宮廷のよう。
拝観料大人500円で入ることができます。

仁和寺の二王門は、かの徳川幕府第3代将軍徳川家光が建立した京の三大門とも評されています。

仁和寺の五重塔も家光による建立となっていて、一見の価値ありです。

建造物以外では、仁和寺の御朱印帳は桜色の装丁で若い女性に人気があります。

また、仁和寺のお守りは、開運、健康など4種類。
どれも人気のあるお守りです。


仁和寺へのアクセス


仁和寺の最寄り駅


仁和寺の最寄り駅は、京福電気鉄道「御室仁和寺駅」になります。



自動車で


仁和寺の東側に、100台分の駐車場があります。
駐車料金は、1回500円です。


その他、周辺のコインパーキングが利用できるかと思います。

仁和寺周辺のコインパーキングの相場ですが、平日の日中で、20分100円、30分200円、30分300円など、場所によってさまざまです。

土日祝は平日に比べて料金が1.5倍くらいになるところも。

仁和寺のすぐ目の前だとさすがに高いですが、少し離れると驚くほど安いパーキングが見つかったりします。

京都市内のコインパーキングは、観光地価格でもっと高いかと思っていましたが、思ったよりは安い印象ですね。

1日最大900円というところもありました。

ただし、さすがに大規模な駐車場は少なく、1箇所あたり2〜4台分程度しかスペースがないところが多いです。


スポンサーリンク



夜のライトアップはあるの?


京都市内では、紅葉の時期に、日没後のライトアップが人気になっているスポットがたくさんあります。

仁和寺では、残念ながら、ライトアップはされていません。

そのため、拝観時間は、11月中は9時から17時まで
12月からは9時から16時30分までとなっています。

仁和寺周辺のライトアップスポット


仁和寺では日没後のライトアップはありませんが、仁和寺から少し足をのばしていける紅葉のライトアップスポットを紹介したいと思います。

妙心寺退蔵院


妙心寺退蔵院の紅葉は、11月中旬から12月上旬が見頃。
日没後は、人数限定でライトアップされた紅葉を楽しむことができます。

料金は食事付きでひとり5,000円。
少し値段は張りますが、値段以上の価値のある特別な時間を過ごすことができるでしょう。



北野天満宮 史跡 御土居の紅葉


北野天満宮の紅葉の見頃は、11月中旬から12月上旬です。

仁和寺から北野天満宮まで歩くには少し距離がありますが、仁和寺の最寄り駅である「御室仁和寺駅」から北野天満宮の最寄り駅「北野白梅町駅」まで4駅ですので、移動時間はそんなにかからないでしょう。

北野天満宮のライトアップは、日没後から20時まで。
期間は11/15から12/7まで。

拝観料は、茶菓子付きで大人600円、こども300円となっています。



秋の仁和寺で紅葉を楽しむためのまとめ


さて、ここまで、京都市内でも特に有名な紅葉スポットである仁和寺についてまとめてきました。

世界遺産でもあり、それだけで訪れる価値のある仁和寺ですが、秋の紅葉時期には、いつも以上にたくさんの観光客で賑わいます。

また、周辺にも紅葉スポットとして有名なお寺や神社も多いので、時間の許すかぎり、周辺も散策して季節の移ろいを楽しんでいただきたいと思います。

スポンサーリンク

コメントを残す


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ