ノロウイルスの症状とは?大人の症状は重い?軽い?

さまざまな感染症が流行する季節がやってきました。

中でも一番患いたくないのがノロウイルス・・・
私は患ったことはありませんが、主人と息子が昨年患いました・・・

本人も、処理し、看病する人もとても辛いので・・・
どうか、今年は患いませんように!

スポンサーリンク



ノロウイルスの典型的な症状は?


ノロウイルスを発症すると、

嘔吐、下痢、発熱、腹痛

などの症状がみられます。

胃腸炎と違い、ノロウイルスの場合は、
嘔吐、下痢などの消化器の症状が
ものすごく激しいものになります。

また、同じノロウイルスを発症しても
大人と子どもでは症状が違う傾向があるようです。

子どもの場合は「嘔吐」、
大人の場合は「下痢」の症状が強いそうです。




ノロウイルスはどこからやってきた?


大人がノロウイルスに感染してしまう原因は、大きく分けて3つ。

  • ノロウイルスに汚染されている二枚貝などの貝類を食べる
  • ノロウイルスに汚染された調理器具を使って調理する
  • 子どもの嘔吐物等の処理中にいつの間にか

なんだそうです。

これからの時期は、生ガキには十分注意し、
子どもの嘔吐物等を処理するときにはマスクと手袋を必ず着用!

正しい方法で嘔吐物を処理することが大切です。

マスクとゴム手袋

子どもをノロウイルスから守れ!


ノロウイルスを予防するにはまず、
手洗いを徹底的にすること!

石鹸を付けて、手のひら、手の甲、
指、指の間、指の付け根、つめといった様に、
細かい所まで隅々洗うことが一番の予防策です。

そして、調理器具にもノロウイルスによって
汚染してしまっている可能性があります。

ノロウイルスは熱に弱く、
85℃以上で1分間加熱すると
感染力がなくなります。

包丁やまな板などの調理器具は
こまめに熱湯消毒することをお勧めします。

また、ノロウイルスに効果的なものが
次亜塩素酸ナトリウム」という塩素系の消毒剤です。

便座やドアノブなど、ノロウイルスの症状が
出ている人が触ったところは
徹底的に消毒をしておいたほうが
家族への2次感染予防になります。

トイレのイラスト

子どもが嘔吐し、嘔吐物がついた洋服等は、
塩素系の消毒剤を薄めて洋服を浸しておきます。

そして、他のものとは一緒に洗濯せず、
個別に洗濯するようにします。

塩素系の消毒剤なので色落ちは覚悟してください。

2次感染を防ぐためには仕方ないことかなぁと思っています。

ノロウイルスの症状まとめ


ノロウイルスで寝こむ

ノロウイルスを発症すると、
2日間くらいは症状が出ますが、
それ以降は改善していきます。

ただ、食事もできない状態なので、
例え、大人の男性といっても
想像以上に体力は落ちているはず・・・

本来の体調に戻るまでは無理をしないで!

症状が治まれば出勤や出席してもいいですが、
症状のあるうちは感染を広げないためにも
出勤や出席を停止することが望ましいですよね。

スポンサーリンク

コメントを残す


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ