おいでん祭への行き方には要注意!名古屋からは意外に遠い・・・

花火大会@豊田おいでん祭り
花火大会@豊田おいでん祭り / emrank


おいでん祭の日程


いわゆる「おいでん祭」、正式には豊田おいでんまつりなんですが、実は2部構成になっています。

毎年6月中旬から7月中旬にかけて豊田市内各地で行われる「マイタウンおいでん」。
そして、おいでんファイナルは毎年7月の最終週の土曜日と日曜日に開催されます。

おいでん祭というと、おいでんファイナルのほうになるかと思いますが。

マイタウンおいでんはというと、豊田市は2005年4月に周辺の6町村と合併し、愛知県内で最も面積の広い市になったことも影響しているんじゃないかと思います。

まず、マイタウンおいでんで踊って、それから、選抜された踊り連(グループ)がおいでんファイナルで踊りを披露することになっています。

おいでん祭花火大会


おいでん祭のクライマックスでもある花火大会は、日曜日の午後7時10分頃〜9時頃に行われます。
いちおう、雨天決行。

ですが、台風などの荒天の場合は中止になります。

打上数はその年にもよりますが、2013年は約13,000発もの花火が打ち上げられました。

花火の種類は、スターマイン、仕掛け花火、打ち上げ花火(8号玉、10号玉など)、そして、三河地方伝統の手筒花火が分刻みのスケジュールで夜空に放たれるこの時間はまさに圧巻。

おいでん祭花火大会をお見逃しなく!


道路の場所取り禁止!


Toyota fireworks – spectators / emrank

おいでん祭花火大会は一般の観覧場所が指定されています。
道路上での場所取りは禁止されています。

矢作川西側(名鉄・豊田市駅側)の指定された一般観覧場所内での場所取りはOKになっています。
ただし、時間指定があります。

おいでん祭初日の午前6時に実行委員会から場所取り解禁の合図があります。
それ以前に場所取りをしても、一旦退去させられることになります。

スポンサーリンク


おいでん祭への行き方

7月最終週の「おいでんファイナル」および花火大会へのアクセス方法はこんな感じになります。

電車で


豊田市というと、あのトヨタ自動車の本社もある有名な場所ですが、名古屋からは直通では行けません

意外に遠いです(笑)

いくつかルートはありますが、地下鉄&名鉄を乗り継ぐのが良いのではないかなと思います。

市営地下鉄 東山線(黄色)・名古屋駅
↓(藤が丘方面へ1駅)
伏見駅(市営地下鉄 鶴舞線(水色)に乗り換え、豊田市方面へ21駅

名鉄・豊田市駅下車

鶴舞線と名鉄は乗り入れしているので、伏見駅から豊田市行きの電車に乗ればその後は乗り換えはありません。ただし各駅停車です。

「赤池行き」の電車に乗ってしまうと豊田市まで行きませんのでご注意を。

このルートでは乗り換え1回ですが、所要時間は1時間弱かかってしまいます。

鶴舞線は平日も土日も昼間はだいたい10分間隔で電車がありますが、名鉄豊田線は1時間に4本程度。
また、おいでん祭の当日は混雑しますので時間には余裕を持って行動しましょう。

車で


おいでん祭り(ファイナル、花火大会)の臨時駐車場は以下のとおりです。

  • 「挙母小学校」の南側
  • 「スカイホール豊田」の南側
  • 「元城小学校」の南側

ただし、そんなに広いわけではないので、公共の交通機関を利用されるほうが便利かと思います。

おいでん祭花火大会の交通規制


To Toyota Fireworks / emrank

当日朝9:00から規制開始になります。

  • 午前9:00〜午後11:00 千石公園、白浜公園、芝生広場、豊田スタジアム ※人も車も立入禁止。
  • 午前10:00〜午後10:00 豊田大橋 ※人も車も立入禁止。
  • 午後3:00〜午後10:00 矢作川の白浜公園側の堤防道路 ※車両通行禁止。
  • 午後5:00〜午後10:00 矢作川の白浜公園側の堤防道路の西側から国道153号までの一帯、名鉄・豊田市駅前ロータリー及び駅前通り ※車両通行禁止

豊田スタジアムは休館となるみたいですね。
また、周辺も朝から立入禁止となります。
豊田スタジアム側(矢作川の東側)から来られる場合は、北の「高橋」か南の「久澄橋」(国道301号)から回り道をしないといけないですね。

スポンサーリンク

コメントを残す


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ