オイルファンデーションの人気に火がついた!?TVで話題の逸品!

カバー力が高いと、最近人気のオイルファンデーション。
オイルってなんだか肌に悪そう、というイメージですが実際のところはどうなんでしょう?

オイルフリーファンデーションとの違いなども合わせて、人気の秘密を調べてまとめてみました。

オイルファンデーション2

カバー力の意味

化粧品の良さを表現する言葉に「カバー力」という言葉がありますよね。

カバー力というのは、しみやそばかす、毛穴などがしっかり隠せるかどうかということ
化粧が落ちにくい、化粧崩れしない、とはちょっとニュアンスが違います。

厚くベタっと塗らなくても肌の粗さを隠せるものがカバー力が高い化粧品となります。

オイルフリーとの違いは?

オイルフリーファンデーション

まずはオイルフリーファンデーションの特徴から。

オイルフリーファンデーションは、その名の通りオイルが入っていないファンデーションです。
カバー力はというと弱めです。

しかし、オイルが入っていない分、肌への負担も低く、ニキビ肌や、薄化粧を好む方に向いていると言えます。
一般的にオイルフリーを売りにしているのは、ミネラルファンデーション類。

その類の保湿効果は、豊富なミネラル成分で補っている模様です。

オイルファンデーション

対して、オイルファンデーション

オイルファンデーションには美容オイルなどが配合されていて、リキッドやクリームなどが販売されています。固形に近ければ近い程、そのオイル量・ファンデーション成分が多く配合されているので、カバー力が高まります

「オイル」という響きからどうしても「肌に悪そう」なんてイメージを持ってしまいませんか?

でも、オイルといってもすべてが化学的なオイルではなく、自然由来のオイルもたくさんあります。
昔からある椿油ホホバオイルアルガンオイルなども美容オイルとして使われていますよね。

商品の特性をよく知った上で使えば良いかと思います。

どんな人に合うの?

オイルファンデーションは、カバー力と保湿力の両方を重視したい方におすすめです。

脂質肌の方はオイルが軽いリキッド(液体)タイプを、普通肌乾燥肌の方はクリームタイプを使います。

脂質肌の方にリキッドタイプをおすすめするのには理由があります。
それは、オイルの含有量が高いと化粧崩れが起きやすくなってしまうからです。

商品の特性をよく理解してご自分の肌に合ったタイプを使ってください。

スポンサーリンク

オイルファンデーションの人気商品は?

アルビオン オイルセラムファンデーション

30ml/6色 SPF28 PA++ 6,300円(税込)

保湿効果がある「ガーデニアタヒテンシス花エキス」を配合したオイルファンデーション。

保湿効果以外にも、肌の代謝を活性化する働きを持っています。

ガーデニアタヒテンシス花はタヒチに咲く花(ティアレ)で、タヒチ女性の美を支える花です。
その他にも、ヤシ油が配合されていて更なる高い保湿力を与えています。

リキッドタイプが2〜3滴で顔全体に広がる程伸びがよいと人気があります。

ジョルジオ アルマーニ マエストロコンパクトファンデーション

全6色/SPF29 PA+++ 6.825(税込)※ブラシ付 ケース別売1,575円

TVで反響を呼んだオイルファンデーション。

伊勢丹新宿店のみ店頭は限定販売とされていて、あとは通販のみとなっています。
人気があり、標準色は売り切れが出たりするほどです。

クリームコンパクトタイプで、お肌に乗せるとさっと溶けて肌に馴染みます。
カバー力抜群と評判です。


SPF、PAの違いは日焼け止めの記事で説明していますので、よろしければ参考にしてみてください。

ファンデーションは手作りできないの?

ハンドメイドが好きな方は、手作りされている方もいらっしゃる様です。
パウダリーミネラルファンデーションをはじめ、オーガニックの手作り石鹸や、コスメ素材などを販売しているお店があります。

蜜蝋や、キャンデリラロウ・カルナバロウなどの天然ワックスにオイル成分としてホホバオイルや、スクワラン等を配合して作られているブロガーさんもいらっしゃいますね。

レシピなどもあげているので、参考にしてみるのもよいですね。

また、簡単に作るならば、メイク時に掌でパウダリーミネラルファンデーションと、手持ちのコスメ用オイルと、美容液を混ぜて使うなんて方もいらっしゃいます。

自分の肌に合ったファンデーションが見つかると良いですね。

スポンサーリンク

コメントを残す


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ