お食い初めに欠かせないはまぐりのお吸い物!おいしいレシピは?

赤ちゃんが生まれるといろいろな伝統行事があることに気付かされますよね。
おじいちゃん、おばあちゃんから「あれはやったか、これはやったか」と年中確認されます。

まあ、孫が可愛くて仕方ないんでしょうね。

そんな伝統行事にお食い初めってありますよね。
一生食べ物に困らないように?とか、なんとなく知ってるんですけど、どういうものなんでしょうか?

先付:生のりと蛤のお吸い物
先付:生のりと蛤のお吸い物 / JaggyBoss

お食い初めとは

生後100日目、もしくは地域により110日目や120日目に行われる儀式で、「真魚(まな)始め」や「食べ初め」と呼ばれることもあります。初めて箸から食べる事になる為、「箸揃え」「箸初め」などとも呼ばれたり、祝う時期が100日であることから「百日(ももか)の祝い」「歯がため」と呼ぶ地域もあります。

お食い初めは何のために?

個人差もありますが、生後100日頃に乳歯が生え始めるこの時期に「一生涯、食べるものに困らない様に」という願いを込めて、箸から食事をする真似を行うものです。

この儀式は平安時代から行われており、江戸時代には、生後120日経つと、ご飯や魚、5個の餅や吸い物、お酒などを膳に乗せて、幼児に食べさせる真似をしたとのことです。

祝いの膳とは?

お食い初め膳 / rhosoi

伝統的な形式では「一汁三菜」の祝い膳を用意します。

鯛のお頭や、赤飯・焚き物、香の物や紅白の餅の他に、吸う力が強くなる様にとの考えから、はまぐりの吸い物(汁)、そして歯が丈夫に育つようにと歯固め石が置かれます。

歯固め石は、古来の習わしとして地元の神社の境内より授かるもので、儀式が終わった後に、境内へ納めるとしていました。小石の代わりに堅い栗の実を使用する地域もある様です。また、関西地方では、蛸を置くところも風習として存在している様です。

食器は漆器で、高脚のお膳に設え、器の色も異なり、

  • 男児は内外ともに赤
  • 女児は外が黒内側が赤
と定められています。

簡略化するのであれば、祝い膳として離乳食にし、母乳などから離乳させる切り替えのきっかけにすることも多いそうです。

スポンサーリンク

はまぐりのお吸い物のレシピは?

材料2人分

  • はまぐり:4個 ★
  • :1と1/2カップ ★
  • 昆布(3センチ角):1枚 ★
  • :大さじ1
  • うすくちしょうゆ:大さじ1/2
  • :少々
  • せり(または三つ葉):適量

作り方

  1. はまぐりを砂抜きし、殻をこすり洗いする。
  2. 鍋に★を入れて、中火にかけ、殻が開いたら酒、しょうゆ・塩の順に入れます。
  3. 火を止めて、1.5センチ幅に切った、せりや三つ葉を加え器によそいます。

強火で長い時間火にかけると、はまぐりの身が堅くなるので短時間で仕上げます。
濃い口醤油だと、色が出過ぎてしまうので、上品に作るため、うすくち醤油を使用します。

なお、うすくち醤油は色が薄いですが、塩分濃度は濃い口醤油よりも高いです。


参考:キッコーマン・はまぐりの潮汁
潮汁ですが、はまぐりの吸い物の基本レシピです。
http://www.kikkoman.co.jp/homecook/search/recipe.html?numb=00003240

スポンサーリンク

コメントを残す


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ