折りたたみ自転車を初めて購入する際に注意しておきたいポイント

折りたたみ自転車はコンパクトに折りたためて、
屋内で保管でき、手軽に街乗りもできて非常に人気がありますよね。

近年では超高級ブランドの名前で作られているのもあって
さすがにデザインも超一流でかっこいいです。

Stile Products Recalls Tern Folding BicyclesStile Products Recalls Tern Folding Bicycles / USCPSC

私なりの折りたたみ自転車の選び方のポイントを挙げてみます。

どんな折りたたみ自転車も選び方次第


折りたたみ自転車の価格の相場というと、もうピンキリ。

激安店では1万円以下で売られているのも珍しくありませんし、
超軽量のアルミ製のものは、それなりの値段がします。

Amazon等のインターネット通販でも送料無料で
購入できたりもしますので、

事前に知っておきたい折りたたみ自転車の注意点を紹介してみたいと思います。

実はコンパクトにならない!?


折りたたみ自転車はコンパクトに収納できて便利!
玄関の中に置いておけば盗まれる心配もないしね♪

と思っていざ購入。

しかし、折りたたんだ状態で玄関に置いてみると
予想以上の存在感に愕然とする方も
いるんじゃないでしょうか。

アパートの玄関など、収納予定の場所が狭い場合は、
カタログなどで折りたたみ時の大きさを十分に確認しましょう。

折りたたみ自転車は見た目に反して結構重い!?


折りたたみ自転車は小型でコンパクト。
持ち運びもできて超便利。


一見、こんな印象を持ってしまいますが、実際の重量は
物によっては15kg以上する場合もあります。

概ね、折りたたみ自転車は、軽いほど値段が高くなります

駅の構内は結構アップダウンも激しく、距離もあります。

輪行したい、という場合は覚悟しましょう。

小型の自転車は想像以上にたいへん!


折りたたみ自転車というとタイヤの直径が小さい車種が多いです。
例えば、14インチとか。

タイヤの直径が小さいと、その分、たくさん漕がないといけません。
ギア比にもよりますが。

坂道などアップダウンのある地域の場合、かなり大変かもしれません。

安さに釣られて適当にえいやっ!で購入してしまうと、
変速機も付いてないことが多いです。

本当に短い距離を往復する程度なら
変速機なしでもいいかもしれません。

通勤・通学に使う、買い物に使うなど、
ある程度距離を走る場合は別です。

小型車であれば、変速機付きの自転車をオススメします。


スポンサーリンク




電動タイプの折りたたみ自転車はメリットが少ない


折りたたみ自転車にも電動タイプのものがあります。

電動であれば坂道も楽に登れて便利そうですが、
バッテリーの大きい物は車体も大きく重量もあり、
折りたたんだとしても持ち運びや保管が不便だと聞きます。

では逆に、容量の小さいバッテリーの場合はと言うと、
当然電池の持ちが悪く、こまめに充電する必要があります。

長距離移動の際にバッテリーが切れたらと考えると・・・
怖いですね

バッテリーが切れた電動自転車は、
ただただ重い自転車です。

電動タイプの自転車が欲しいという方は、
折りたたみ自転車である必要があるのかどうか、
よく検討してください。

結局、どうすれば良い・・・?


そんなわけで、折りたたみ自転車のデメリットの列挙みたいに
なってしまいましたが。。。

結局、自分がどんな使い方、乗り方をするのか、
折りたたみ自転車を購入したあとのことを想像してみましょう。

変速機は必要か?
電動タイプである必要はあるのか?
通勤で使うのか?
坂道は多い?

などなど。

見た目がかっこいい、安く買えそうだから、
という理由では宝の持ち腐れになってしまうかも
しれませんよ。

それでも、なかなか決まらないという場合は、
ネット上の声、レビューを参考にしてみるのも
良いかもしれません。

折りたたみ自転車のAmazonレビューは信用できるか?


Amazonで折りたたみ自転車を検索するとかなりの数がヒットします。

価格も1万円前後からで、100件以上のレビューがあるものも見つかります。

100件もレビューがあれば安心!

と思ってしまいますが、これは危険

Amazonのレビューは、商品を購入して数回使用した程度の感想が書かれている場合が多いですから。

買って間もないですから、誰かにこの感動を伝えたくて
  • 「かっこいい〜」
  • 「安く買えてうれしい〜」
というようなレビューが多い気がします。

決してレビュアーの方を信頼していないわけではありませんし、
消費者側の生の意見はとても大切だと思います。

でも、1年、2年使ってみた感想というのはAmazonのレビューでは見つかりにくいのです。

1〜2年もすると新しいモデルが出てきますしね。

新品の状態で異音がする、ブレーキが効きにくいなどの
症状があるのは問題外ですが、長く安心して乗れるものを手にしたいですよね。

何が言いたいのかというと、レビューを過信するのは禁物ということです。

できれば実物を見たり、乗っている方に
感想を聞いたりできればいいのですが。

ところで、ネット通販で折りたたみ自転車を購入した場合、
忘れがちなのが、「防犯登録」です。

インターネットで購入した場合の防犯登録は?


Amazonやオークションなどで折りたたみ自転車を購入した場合、
別途、防犯登録をしなければなりません。

自転車の防犯登録は、自転車店ホームセンター、自転車を販売しているショッピングセンターなどで登録してもらえます。

昔ながらの個人経営のお店では、
他店で購入した自転車の登録は断られる場合があります。

お店からすると盗難品を登録してしまうことに
リスクがあるからと思われます。

インターネット等で購入する前に、
事前に持ち込みで防犯登録できるお店を
チェックしておくと良いでしょう。

防犯登録に必要なもの


防犯登録には免許証などの身分証明書と登録費用が必要です。

登録費用は1台300円〜600円程度
都道府県によって異なるようです。

車体番号を確認する必要がありますので、
自転車そのものを持っていく必要があります。

車体番号が書かれた販売証明書などがあれば、
念の為持っていくと良いでしょうね。

さて、いよいよ、念願の折りたたみ自転車を手に入れた
として、他人に迷惑をかけないようマナーにも
気を配りましょう。

折りたたみ自転車は電車に持ち込める?


折りたたみ自転車は電車に持ち込むことができます



ただし、他の乗客の方に迷惑ならないようにやらなければいけないことがあります。
  • 輪行袋に入れる
  • ラッシュ時は避ける

マナーとして当たり前のことです。

また、乗り降りの邪魔にならないように停車駅に近づいたら通路を開けましょう。

ラッシュ時など混雑している場合は、
駅員さんから乗車を控えるようお願いされることがあります。


その場合は、素直に従ってくださいね。

スポンサーリンク

コメントを残す


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ