ラッシュガードで日焼け&ケガ予防!夏のレジャーにもってこい!

ここのところ、海水浴にいくと水着の上にパーカーなどを着ている方をよく見かけませんか?
まあ、昔から日焼け予防などでTシャツなどを着ている人はいたんですけど。

あれは、「ラッシュガード」といって、日焼けやケガを防止する目的で流行ってきているみたいなんです。

年々、いろんなメーカーのいろんなデザインのラッシュガードが発売されています。
今年の夏はラッシュガードで目立ってみませんか?

サーフィン

ラッシュガードって?


ラッシュガードは、もともと、サーフィン等のマリンスポーツで着用されるようになった上半身用のウェアです。

男性は肌の上に直接着用し、女性であれば水着の上から着るのが一般的です。

ラッシュガードを着用するメリットは、日焼け防止、擦り傷や虫刺され、クラゲ等の予防、保温が挙げられます。

最近では、他人に肌を見せたくないという人も多いようで、子どもにも着用させている親御さんも多いみたいです。

メンズ、レディースのほか、可愛いデザインのキッズ用もありますから、小さなお子さんにも着させてあげられます。

長袖や半袖、Tシャツのように頭から着るタイプ、ジップアップ式のパーカーなどがあります。
デザインもモノトーンのベーシックなものから、パステル調の可愛いデザインのものなどさまざま。

お好みに合わせて選んでください。

もともとマリンスポーツで使用することを前提にして開発されたものですから、海水にも強く、天気の良い夏の日であればすぐに乾く機能性もあります。

ラッシュガードはプールでも使える?


多くの場合、プールの塩素でも問題ないようですが、念の為、商品の注意事項を確認したほうがいいでしょう。

ラッシュガードの機能性はともかく、施設によっては、水着以外の着衣をきたままでは利用できないところもあります。
いくらラッシュガードがマリンスポーツ用のウェアだとしてもです。

これは施設の見解によりますから一概に言えないのですが、プールの監視員に注意されたりすることもあるようです。

そのようなレジャー施設でどうしてもラッシュガードを着用しないといけない事情がある場合は、事前に窓口等で確認するようにしましょう。

フィットタイプ?ルーズタイプ?


ラッシュガードは大きく分けて2つのタイプがあります。

ひとつは、身体にピタッと密着するフィットタイプ。
そしてもうひとつは、密着しないルーズタイプ。

身体に密着するフィットタイプは、保温性が高く、スポーツ競技などアクティブに身体を動かすような場面に向いています。

一方、ルーズタイプは、主にレジャー目的に使用するのに向いています。
日焼け止め、虫刺され予防などの目的であればルーズタイプでもOK。

もちろん、素材は変わりませんから水にも強いので水遊びやボート遊び程度なら全然問題ありません。

個人的には、いわゆる「川遊び」ではフィットタイプをおすすめします。
川の水は海水に比べても水温が低く、長時間浸かっていると体温が奪われて体調を崩しかねません。

ラッシュガードは保温性に優れているといっても、水が乾く(気化する)際にはどうしても気化熱として体温を奪っていきます。

特に子どもさんにはもう一枚、普通のパーカーなどを用意してあげてください。

スポンサーリンク


夏のレジャー以外にも


本来はスポーツ用のウェアですから、マリンスポーツ以外のスポーツなどでも使用できます。
例えば、冬にはスキーやスノーボードのアンダーウェアとして使えます。

保温性はバッチリですから!

生地も薄い割に伸縮性も高く丈夫なので、野球やサッカーのようなマリンスポーツとはかけ離れたスポーツのアンダーウェアとしても使えます。

その他、ランニングや自転車など、あらゆるスポーツで使えそうです。

ラッシュガードはデザイン性も高く、水にも強いですから、普段着としても着られると思います。

ラッシュガードのお手入れ方法


ラッシュガードのお手入れについてですが、海で使用した場合、生地に黒い粒が生じてしまうことがあります。

「これってカビ?」

と思うかもしれませんが、この黒い粒は実は、生地の目に入り込んだ砂。

ラッシュガードは伸縮性の高い生地を使用しているために、どうしても砂が入り込みやすくなっています。

もし、気になるようでしたら、生地を引っ張って「デコピン」で弾き出してください。
すると結構簡単にポロポロと砂粒が取れてしまいます。

また、爪や木の枝などでラッシュガードを引っ掛けてしまうと生地に毛玉のようなものが発生することがあります。

こんな場合も、ラッシュガードの生地を上下左右に引っ張ってやると元に戻すことができます。

ラッシュガードは海水に強いといっても、できるだけ使用後は水道水ですすいでください。
できれば手洗いが良いですが、洗濯機に手洗いモードがあればそれでも良いでしょう。

洗った後は、日陰干しが基本です。

スポンサーリンク

コメントを残す


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ