一人暮らし向けの冷蔵庫選び!冷凍庫の霜取り機能は必須

今年の春から一人暮らしをはじめるという大学生、新社会人のみなさん、一人暮らしに向けての準備は進んでいますか?

家電などはひと通り買い揃えるとお金がいくらあっても足りませんから、実家から持っていけるものは持って行くといいでしょう。

冷蔵庫なんかは新たに購入したほうがいいでしょうね。
最近は低価格でありながら、エコを意識した製品が多いですから。

家電は年々進化していますよ。

一人暮らしにおすすめな冷蔵庫の大きさは

一人暮らし、単身向けなら、2ドアタイプの冷蔵庫でよいと思います。
冷蔵庫と冷凍庫が分かれているタイプですね。

3ドアなど、高さが身長を超えるような大きさのものは普通は一人暮らしには不要です。

2ドアの冷蔵庫でも自炊する人、買い溜めしておきたい人も不満を感じることも少ないと思います。

できれば、冷凍庫が広いものを選ぶと何かと便利だったりします。

冷凍庫が一体になった1ドアタイプは不便です。
このタイプはメインで使うには物足りず、2台目以降に向いていると思います。

冷凍庫はかなり使える!あれもこれも冷凍庫へポンっ!

実家暮らしでは食事の用意は親まかせ。
自炊は初めて、という方に初歩的な便利ワザを紹介します。

ま、たいしたことはありませんけどね。

自炊のコツは冷凍庫を使い倒すこと!です。

ごはんもパンも使い切れなかったお肉なんかも冷凍庫で保存できます。焼いたり茹でたりすることを前提とすれば、キャベツやもやしなんかも
冷凍庫に保存しておけます。

ですから、ごはんは週に一度、3合など一気に炊き、残ったごはんはラップに茶碗1膳分ずつ小分けして冷凍庫へポンっ!

食パンも買ってきてそのまま冷凍庫へポンっ!

お肉もバラ肉やスライスをスーパーで買ってきたらラップに小分けして冷凍庫へポンっ!

キャベツもザク切りにしてジップロックで冷凍庫へポンっ!

1玉30円のうどんも袋ごと冷凍庫へポンっ!

食パンはカチカチに冷凍されていてもトースターで凍ったまま、いつも通り3分程度焼けば味もそのままでおいしく食べられます。

いつも食パンを消費期限までに食べられず廃棄していたあなた!
もったいないですよ。

スポンサーリンク

冷凍庫の霜取り

古い冷蔵庫を使っている場合、冷凍庫に霜が張り付いて処理に困る、という話をよく聞きます。

しかし、私の経験では、霜取りなんてしたことありません。
今どきの冷蔵庫であれば霜取り機能は普通に付いていますし、かと言って、メンテナンスも要らないはずです。

これから冷蔵庫選びをする場合は、霜取り不要の冷蔵庫を選びましょう。

もし、今現在、霜取りに困っている場合は電源を抜いて冷凍庫のドアを開け、自然解凍するのがいいでしょう。

時間がないときは、ドライヤーで温めるという方法もあります。
もちろん、冷蔵庫の電源は抜いて、ですよ。

アイスピックやドライバーなどを使ってこそぎ落とそうと思わぬところを破損させ、冷蔵庫の故障の原因になります。

冷蔵庫の耐久年数は7〜8年と言われています。
購入してからコレ以上経過している場合は、買い替えも検討してください。

以前より省エネ化も進んでいますよ。

冷蔵庫の設置のポイント

冷蔵庫をこれから購入するという場合、設置場所やサイズをよく確認してください。

  • 実際に置いてみたらドアが開けられなかった
  • ドアの開く方向が反対だったら良かったのに
なんてことはよくあります。

冷蔵庫のドアは右開き、左開き、両開きがあります。
キッチンの間取り、食器棚などと干渉しないことを確認して選びましょうね。

また、冷蔵庫の周り(横、裏)には数センチの隙間が必要です。熱を逃がすためですね。

冷蔵庫周りに隙間がない場合、熱の逃げ場がなく、冷蔵庫本体に負担が掛かります。

故障や不調の原因にもなりますから注意しましょう。

スポンサーリンク

コメントを残す


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ