レトルトカレーの簡単レシピ!手間なしアレンジメニュー5選!

レトルトカレーは忙しい社会人の味方♪

「料理作るのめんどいなぁ〜」とは思いつつも、なにか少し凝った物が食べたいというわがままお腹に、レトルトカレーを使ったアレンジメニューはどんなものがあるのかなぁ〜とまとめてみました♪

カレーコレクション
カレーコレクション / さかどん


レトルトカレーのアレンジメニューは?


レトルトカレーを手間なく簡単にアレンジできる美味しいメニューというと・・・

探してみるとたくさんありますね!

ありすぎてどうまとめていいのか迷っていますが、私自身がよく作るものとして、簡単にあげてみます。
※細かいレシピは省略しますね。

焼カレー

焼きカレー / khf_fjs
耐熱皿にご飯を盛りつけ、冷めたままのレトルトカレーをかけて、オーブンやトースターで焼くだけ

このままでは味気ないので、冷凍野菜などがあれば上に乗せて、最後にチーズもしくは卵を割り入れて焼いてみるのも美味しいです。

野菜は、ブロッコリーや人参などが彩り良くて見た目にも◎

カレーうどん

カレーうどん / shibainu
麺つゆを使用する方なら更に簡単だと思います。

通常うどん汁を作る量よりやや少なめの汁を作り、そこへレトルトカレーを投入!
汁を作る家庭で葱や肉類を増してもいいと思います。

だし汁とカレーが相まって美味しいカレーうどんの出来上がり♪

普通の素うどんに温めたレトルトカレーを乗せてもよいかもしれませんが、レトルトカレー温めるのがひと手間と思うのであれば、うどん汁に入れてしまう方のが楽かなとも思います。

カレーうどんってこんなに簡単に作れちゃうんです!

スポンサーリンク


つけ麺風カレー

鶏がらスープの素を使い、適量のスープを作ります。
塩分は不要で、そこへレトルトカレーを入れて少しカレーをのばす感じにします。

1人前だったらレトルトカレー半分程度でいいかもしれませんが、お好みで・・・

そして、別鍋でラーメンの麺を茹でておき、水気を切って更に盛ります。
つけ麺風にツルツルといけます!

夏場であれば、麺を少し冷やして食べても美味しいですよ!

カレースパ

茹で上げたパスタにそのままかけるのもいいですが、せっかくなのでちょっとひと手間。

パスタを茹で上げ時間の1分前にお湯から上げます。
フライパンで軽く炒めた上に温めたレトルトカレーをかけるんです。

カロリーを抑えたい場合には、茹で上げたパスタにかけて食べましょう。

なんちゃってスープカレー

実際にはスープカレーはこうしたものではないのですが、それっぽく食べたい場合にお勧め!
ここでも鶏がらスープをベースにレトルトカレーを使用します。

全量使わず半分程度にしておきます。
そして、トマトベースがお好みの場合には、少しトマトケチャップや、カロリーを抑えたい場合にはトマトピューレなどを少し入れます。

塩やこしょうで少し味を整え、出来ればチューブのものでも構いませんので生姜を少し。
そして、バジル(ドライのものでいいです)を入れたらなんちゃってスープカレーのスープが完成!

野菜や肉類を深めの皿(100均などで売っている小さめのシンプルなどんぶりなどおすすめ)に盛りつけた上からスープをかければ、なんちゃってスープカレーの出来上がり♪

細かいレシピは?


困ったときの神頼み!そこは「クックパッド」で検索してみましょう!
”レトルトカレー”にアレンジやリメイクと検索するとたくさん出て参ります。
分量など、細かいレシピが必要な方にはおすすめですよ!

スポンサーリンク

コメントを残す


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ