京都下鴨神社の紅葉2015!見頃は遅いらしいけどいつ頃?

下鴨神社の紅葉の時期や見頃についてまとめました。

パワースポットとしても有名な下鴨神社ですが、秋の行楽シーズンになると紅葉が美しいと有名な紅葉スポットでもあります。

恋人とふたりで訪れると運気アップ!?



下鴨神社の見頃は遅いらしい


下鴨神社の紅葉の見頃は遅いことで知られています。

京都市内にはたくさんの紅葉の名所がありますが、ここ下鴨神社の見頃は12月に入ってからが本番

下鴨神社、とりわけ糺の森は、森が深く、日当たりが良くないこと、そして背の高いモミジが多いなどの条件で特に遅い時期に紅葉を迎えます。

下鴨神社の紅葉の見頃は?


下鴨神社の紅葉の見頃の時期ですが、12月上旬から12月中旬にかけてが良いころだと思います。

今年が特に遅いというわけでなく、下鴨神社は毎年、12月に入ってからが見頃になります。

樹木の種類としては、ニレやモミジが中心です。

表参道の瀬見の小川沿いに拡がる糺の森(ただすのもり)が特に紅葉の名所として有名な場所になります。

糺の森は広さ12.4万平方キロメートルにもなる原生林です。
中世以前には40倍以上の495万平方キロメートルもの広大なものだったそうですが、その後の戦乱等で減少し、現在の大きさになったそうです。

瀬見の小川以外にも奈良の小川、泉川、御手洗川などが流れ、これらの小川は、源氏物語や枕草子にも登場しています。

下鴨神社とは?


下鴨神社は、京都でも最も古い部類に入る神社で、一説には初代天皇である神武天皇の時代に創建されたそうで、崇神天皇の時代(3世紀から4世紀はじめ頃)に垣根の修繕の記録が残っています。

京都市、宇治市、滋賀県の大津市の17箇所の寺社で構成されるユネスコ世界文化遺産の1つで、下鴨神社は55もの国指定重要文化財である社殿と糺の森が対象となっています。

スポンサーリンク



下鴨神社へのアクセス


所在地:京都府京都市左京区下鴨泉川町59

下鴨神社の最寄り駅は、京阪電鉄「出町柳駅」です。
出町柳駅から下鴨神社までは徒歩約10分の距離です。

京都市営バス(1・4・205系統)で「新葵橋」バス停を利用すると糺の森を通る表参道に近くて便利です。



駐車場は下鴨神社西側にあります。

みたらし団子の起源


みたらし団子は、実は、下鴨神社の「御手洗祭り」が語源とのことです。

みたらし団子の団子は下鴨神社の御手洗池の水泡を表現したもので、御手洗祭りの際に氏子の家庭で作られた竹の先を10本に裂いて扇状にし、それぞれの串に団子を5個ずつ合計50個挿した串団子がはじまりとされています。

下鴨神社のすぐ近くにみたらし団子で有名なお店、「加茂みたらし茶屋」があります。

下鴨神社や糺の森の紅葉を堪能したら、みたらし団子で休憩しましょう。
お店は下鴨神社の北西にあり、みたらし3本で400円などのメニューがあります。
水曜日が定休日になっています。




下鴨神社は最強のパワースポット




下鴨神社は、京都でも最強のパワースポットだという人もいるほどの場所です。

加茂川と高野川の合流点で水の気が強く、糺の森は歩くだけで運気がアップするといわれています。

できれば、上賀茂神社に参拝してから来るとよいそうです。


下鴨神社の紅葉についてのまとめ


京都の下鴨神社の紅葉についてまとめまてきました。
京都は場所によって紅葉の時期もさまざまですが、特に下鴨神社は遅いほうです。
12月からでも間に合いますからね。

パワースポットとしての下鴨神社は、浄化、安定、結びの力が強いとされています。
恋人とふたりで参拝すれば、縁もより深まるというものです。

今年の最後の紅葉狩りに下鴨神社はどうですか?

スポンサーリンク

コメントを残す


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ