菅原道真を祀っている神社は?なぜ学問の神様となったのか?

受験シーズンになると話題になる菅原道真を祀った神社。
太宰府天満宮や北野天満宮が有名ですね。

どうしても神様頼りにしてしまうのは、日本の古くからの風習からであろうと思います。
学問の神様、菅原道真公や祀っている神社などについてまとめてみました。

北野天満宮
北野天満宮 / Keiichirou Shikano

菅原道真公はどうして学問の神様なの?

菅原道真公は、中流貴族の学者家系であり、大変頭脳明晰な方で右大臣にまで昇り詰めました。

また、天皇を中心とした政治を作ろうとし、宇多天皇に重用されてたこともあって、宇多天皇の息子を娘婿として迎え入れるほど信頼関係は強いものでした。

しかし、皆が菅原道真を快く思っていたわけではありません。

その高い功績と地位を疎ましく思った人間や、自分たちが実権を握りたい左大臣であった藤原時平公、そして、道真の新たな改革によって、今の生活水準が低下するのではないかと恐れた中下級貴族などにより、道真を蹴落とす計画がなされました

宇多天皇から次期天皇になった醍醐天皇の耳へ「反道真」側から
「醍醐天皇を天皇の座から下ろし、自分の娘婿を天皇にしようとしている」
という嘘を吹き込まれ事により左遷を余儀なくされました。

菅原道真は、左遷先であった太宰府にて醍醐天皇からの返事を待ち続けましたが思いは届かず。
左遷から2年後、故郷に帰る事が出来ずに道真公は薨去(「こうきょ」、貴人の死去)。

その後、京都では異変が相次ぎました。

藤原時平の病死や、醍醐天皇の息子、時平の甥である次期天皇(東宮・現在でいう皇太子)の死亡、それにより急遽東宮に内定した者まで死亡。

その他、御所での会議中に建物に落雷が落ち、道真公の左遷に関与した重要人物に多数の死傷者が出るなど相次ぐ異変が続きました。

異変や天変地異が相次いだ事により、あらぬ疑いをかけられた菅原道真の怨念であるとされ、その後、怒りを鎮めようと名誉回復、高い地位の授与が行われ、次第に神様として祀られることになりました。

落雷の事件により菅原道真は、雷の神「天神(火雷天神)」とされ、また、頭脳明晰であったことにより、「学問の神様」とされたのが所以とされています。

菅原道真公のご加護を受けられる場所は?

北野天満宮-Kitano Tenman-gū / INABA Tomoaki

菅原道真は全国の神社や天満宮等で祀られています。

特に福岡県の太宰府天満宮は、京都府の北野天満宮とともに全国各地の天満宮の総本社とされています。

菅原道真公を祀っている天満宮については、以下のサイトで紹介がなされています。
http://www.hagatenmangu.com/link.html

その他、上記に無い道真公を祭神とする主要天満宮や、神社を調べました。

東日本

  • 弘前天満宮:青森県弘前市西茂森1-1-34
  • 盛岡天満宮:岩手県盛岡市新庄町5-43
  • 小白川天満神社:山形県山形市小白川町3-4-6
  • 榴岡天満宮:宮城県仙台市宮城野区榴ヶ岡23
  • 曽根田天満宮:福島県福島市天神町9-11
  • 亀戸天神(亀戸天満宮):東京都江東区亀戸3-6-1
  • 深志神社:長野県松本市深志3-7-43

スポンサーリンク

西日本

  • 小松天満宮:石川県小松市天神町1
  • 加納天満宮:岐阜県岐阜市加納天神町4-1
  • 北野天満神社:兵庫県神戸市中央区北野町3-12
  • 菅原天満宮:奈良県奈良市菅原東町518
  • 和歌浦天満:和歌山県和歌山市和歌浦西2-1-24
  • 尾長天満宮:広島県広島市東区山根町33-16
  • 潮江天満宮:高知県高知市天神町19-20
  • 福良天満宮:大分県臼杵市福良211
  • 藤川天神(菅原神社):鹿児島県薩摩川内市東郷町藤川

梅の社紋と牛

北野天満宮 / sprklg

菅原道真公を祀っている天満や神社は、梅の社紋であることが知られています。
幼き頃から梅をこよなく愛していた事が所以です。

うつくしや紅の色なる梅の花あこが顔にもつけたくぞある

という有名な和歌は、道真公が5歳の時に詠った和歌と言われています。

また、

東風(こち)吹かば匂いおこせよ梅の花あるじなしとて春な忘れそ

という和歌についても有名でありますが、太宰府へ出かう日に、自宅の庭の梅を見て詠ったとされています。

Lucky Statues / Lucius Kwok

そして、菅原道真公と牛についてはそれぞれ言い伝えがあり、共に祀られています。

  • 道真公は承和十二年六月二十五日乙丑の年に生誕、そして延喜三年二月二十五日の丑の日に薨去。
  • 太宰府に向かう道中で命を狙われた際に牛に助けられた。
  • 遺言に「自らの遺骸を牛にのせて、その牛の行くところに葬る様」とされたこと。

以上のことなどから、数多く牛との関わりにおいて数多く見られており、そのことから神社や天満宮境内には、石造りの臥牛があります。
この牛は「撫でうし」として信仰があります。

スポンサーリンク

コメントを残す


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ