東福寺の紅葉情報2015!見頃や紅葉シーズンのアクセス方法は?

東福寺の紅葉の見頃やこの紅葉シーズンのアクセス方法の注意点などをまとめました。
せっかく朝イチに東福寺の紅葉を見に行ったのに、駐車場を探すのに時間がかかってしまったなんてことにならないようにお気をつけください!



東福寺の紅葉の見頃は?

東福寺の紅葉の見頃は、いつごろでしょうか?
例年ですと、11月中旬から12月上旬くらいなんですけどね。

ただ、東福寺の紅葉は京都でも遅い方といわれ、京都の秋の最後の紅葉とも表現されることがあります。

東福寺の紅葉の種類ですが、イロハモミジ、ヤマモミジ、ノムラモミジ、トウカエデなどが中心ですね。

それから、三葉楓とも呼ばれるカエデがあり、こちらは中国(宋)原産で、その名前の通り、葉先が3つに分かれ、黄金色に紅葉するのが特徴です。

他の紅葉スポットとは趣の異なるその様子は、「洛陽の奇観」と表現されます。

看楓特別公開




東福寺の紅葉は、11月1日から12月6日までの期間は、秋の特別拝観『看楓特別公開』と称して公開されています。

受付は午前8時30分から午後4時までで、ライトアップはありません。

通天橋、東福寺本坊庭園に拝観料各400円が必要です。

東福寺は混雑するの?


東福寺は、国の名勝に指定されたこともあり、混雑ぶりはあなたの予想を上回るでしょう。

この時期は東福寺の駐車場が閉鎖されるのもうなづけます。
駐車場を開けていたら、駐車場の空き待ちの車で周辺が大変なことになります。

仕方ないですね。

特に土日は、『人の頭を見に行くようなもの』などと言われるくらいの混雑です。


東福寺はどんなお寺?


さて、東福寺についての基本的なおさらいです。

東福寺を知らないという人は、少しでも東福寺の歴史を知ってから参拝されると、面白さもまたひとしおではないでしょうか。

まず、東福寺は、現在も山内に25もの寺院を抱える大寺院です。

東福寺は、日本最古にして最大級の伽藍が魅力のひとつ。

伽藍とは、もともとは僧侶が集まり修行する、清らかな場所のことを言いました。

現在の日本では、寺院や寺院を構成する山門、本堂、鐘楼などの主要建物群を指す言葉になっています。

東福寺の成り立ちですが、現在の東福寺のある場所には、924年に建てられた法性寺(ほっしょうじ)というお寺がありました。
(法性寺は別の場所に移転して現存しています。)

「東福寺」の名前は、九条道家によって高さ15mにも及ぶ釈迦像を安置する大寺院の建設が計画されて、名前を奈良の東大寺、興福寺からとって「東福寺」としたのが由来です。

本尊の釈迦像は2度の焼失にあい、現在は長さ2mの左手部分のみが残されているそうです。

平成26年6月には、国の名勝に指定されています。

スポンサーリンク



東福寺へのアクセス方法は?車で行ける?


紅葉シーズンの東福寺へのアクセスですが、この時期は駐車場が閉鎖になるため、乗用車で直接は行けません。

紅葉シーズンの東福寺へは公共交通機関を利用されるのが良いでしょう。

  • 京阪電気鉄道『鳥羽街道駅』徒歩10分
  • JR奈良線・京阪本線『東福寺駅』徒歩10分(JR京都駅から1駅)
  • 市バス202,207,208系統 「東福寺」バス停下車

紅葉シーズンの10月25日から12月10日の間は、東福寺の駐車場が閉鎖されます。

東福寺周辺にコインパーキングは少ないですので、近くに車を停めて・・・と考えるのは難しいかもしれません。

車で京都まで来られるなら、京都駅の駅ビルに1,000台以上収容できる大規模な駐車場がありますので、そちらを利用されるのが安心です。


東福寺の周辺にはどんな観光スポットがある?




東福寺の周辺ですが、例えば、清水寺にも行けない距離ではありません。

足に自信があるのなら、途中に三十三間堂や智積院、京都国立博物館もありますよ。



東福寺の紅葉についてのまとめ


紅葉シーズンの東福寺について少しだけ紹介してみました。
こういう観光の情報をすべてを紹介してしまうと、行く意味が無くなってしまうので。

紅葉シーズンの東福寺は、休日は特に混雑すると言われます。
朝イチにすでに行列ができているとも言われますが、早い時間のほうがまだ空いているほうだと思います。

紅葉だけでなく、東福寺の建物、文化財、歴史も価値あるものですので、ぜひ、京都の歴史の一端に触れてみてください。



スポンサーリンク

コメントを残す


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ