ワイパーのサビ落とし&再塗装!お金を掛けずにDIYに挑戦!

気がつけば私の愛車(ファミリアS-WAGON)も15年目。

これまで大きなトラブルもなく、不満は特になかったのですが、
最近、フロントワイパーのサビが気になってきました。

運転席側ワイパー塗装前

これ↑が運転席側のワイパー。

助手席側ワイパー塗装前

こちら↑が助手席側。

14〜5年も経てばこんなことは当たり前でしょうね。
ウチの駐車スペースには屋根もないので車には気の毒な環境です。

ワイパーアームの取り替えは見積りを取ったわけではありませんが、
1本3,000円くらいかかるとか。

車種にもよるのでしょうが、フロントの2本のワイパーの交換で
6,000円はイタイです。

6,000円くらい・・・って思われるかもしれませんが、
私にはそんなにお金を掛ける余裕はなく(泣)、
今回はDIYにチャレンジしようと思います。

スポンサーリンク



使用する材料の調達


早速ネットで必要な工具などを調べて、
スプレー塗料などを購入するためにホームセンターへ。

そして、今回使用した道具類がこちら。

ワイパーアーム再塗装道具

結局、ホームセンターで購入したのは

  • 「つや消しブラック」のラッカースプレー
  • 400番の紙やすり

の2つ。

ラッカースプレー 186円+税
400番の紙やすり 46円+税
—————————————
合計 232円+税

でした。安っ。

ウチの駐車スペースは屋根がないため、直射日光にさらされる現状から
耐熱スプレーという選択肢もあったのですが、
値段を見て断念。

耐熱スプレーは1,500円くらいでした。

今後、何度使用するかわからないものに1,500円も出せませんって。

またサビが出たり、色落ちしたら塗り直せばいいんです。

・・・と自分に言い聞かせました。

その他、使用した工具はめがねレンチ(12ミリ)
一応スパナも用意しました。

早速、運転席側のワイパーから外していきます。ドキドキ。

ワイパーアームを外す

運転席側ワイパー根本

ボンネットを開けるとワイパーアームの根本が見えます。

ちょうど運転席側のワイパーアームの根本付近の隙間から
落ち葉などが入り込んでしまっていて汚いったらありゃしない。

おまけに、ボルトのキャップが外れてしまっていてご覧の通り
サビてしまっています。

キャップ自体はすぐ横に落ちていましたが。

幸い、サビたボルトもめがねレンチで問題なく外すことができました。

助手席側ワイパー根本

続いて、助手席側ワイパーです。

こちらはキャップもちゃんと付いていて特に問題なし。

助手席側ワイパー根本キャップ外し後

キャップは手で簡単に外すことができました。
そして、助手席側のワイパーもめがねレンチで取り外します。

ワイパーアームはボンネット側から取り外せないので、
ボルトを外したあと、ボンネットを閉めてからワイパーアームを
取り外します。

リアワイパーのカバー


リアワイパー根本カバー開放

ちなみに、リアワイパーの根本はカバーがこんな感じに開放できるように
なっていました。

フロントワイパー取り外し完了

フロントワイパー取り外し

取り外したフロントワイパー2本。
写真の上が運転席側で、下が助手席側です。

フロントワイパーアーム識別

一応、運転席側のワイパーの根本(写真左)には「DR」、
助手席側のワイパー(写真右)には「PR」と刻印がありました。

写真では見えづらいのですが。

フロントワイパー取り外し後アップ

運転席側のほうが重症ですね。
助手席側は色落ちはしていますが、サビ自体はさほどでもありません。

サビ落としの前に、ワイパーブレードを取り外します。

ワイパーブレード取り外し


ワイパーブレード取り外し前

アームとブレードの接合部分。
最初はどうやってつながっているのかわからなくて
なかなか外せなかったのですが、
構造が分かってしまえば、爪で引っ掛かっているだけなので簡単に外せます。

ワイパーブレード取り外し後

外れました。

フロントワイパーブレード比較

一応、運転席側と助手席側でブレードの長さが違うので
確認しておきます。

写真の上側の長いほうが運転席側。
下の短いほうが助手席側です。

さて、いよいよサビを落としていきます!

サビ落とし作業


まずは運転席側のワイパーアーム。

運転席側ワイパー塗装前

使うのは400番の紙やすり1枚。

金属のサビに紙やすりで大丈夫なのか?と若干の不安がありましたが、
3cm×10cm程度の短冊状に切った紙やすりでサビた部分をせっせと
磨くこと約5分。

運転席側ワイパーアーム研磨後

塗装ごと落ちて、アームの「地」が見えました。

助手席側ワイパー研磨後

助手席側もうっすら浮いていたサビを落としました。
運転席側ほどでもなかったのでササッと軽く終わらせます。

助手席側のアームの右側のほうの塗装が「まだら」になっているのは、
数年前に一度、色落ちを隠そうとタッチペンで塗ったことが
あるためです。

数年後にはこうなるという見本です(笑)

さてさて、なんとかフロントワイパー2本のサビを落とすことができたので、
再塗装していきます。

ワイパーアームの再塗装


フロントワイパー塗装前

塗装前の記念写真。
屋外ですが、一応、新聞を敷いて作業します。

フロントワイパー塗装前アップ

DIY素人の私にもキレイに塗れるのか一抹の不安がよぎりますが、
自分の車だし、と開き直ってLet’sつや消しブラック!

ここで注意!

塗装に使う色はつや消しブラックをおすすめします!
つやのあるブラックは太陽光を反射するため、運転に支障をきたすおそれがあります ><;


フロントワイパー塗装1回目直後

うわ〜・・・やっちまった・・・
いいのか、これ・・・
もう後戻りできないぞ・・・

不安ばかりですが、スプレーの注意書きに従って、30分以上放置します。
(夏場は30分、冬場は1時間とのこと)

フロントワイパー塗装2回目乾燥後

そして、2回目の塗装。
写真は2回目の塗装が終わってからの乾燥後ですが。

フロントワイパー塗装2回目乾燥後アップ

思ったよりいいんじゃないかな。
多少、ムラがあったりしてますが。

タッチペンのムラもキレイに消えています。

そして、さらに30分後・・・

フロントワイパー塗装3回目完了

3回目の塗装、そして約30分後、乾燥も終了。

塗料が乾いて、下に敷いた新聞紙がくっついてしまったという
アクシデントがありましたが、まあ気にしない。

あくまで自分の車だし。

完全に塗料が乾いたことを確認して、ワイパーを元に戻していきます。

ワイパーブレード再装着


フロントワイパーブレード装着

外したワイパーブレードを再装着。

ワイパーアーム再取り付け


運転席側ワイパーアーム取り付け

再びボンネットを開け、運転席側のワイパーアームをボルトで固定します。

運転席側ワイパーアーム取り付け完了

キャップを付けて完了!
助手席側も同様に作業します。

作業完了


運転席側ワイパーアーム再塗装完了その1

やりました~!
作業完了です。

運転席側ワイパーアーム再塗装完了その2

運転席側のワイパーです。
見違えるような出来。まさに自画自賛。

助手席側ワイパーアーム再塗装完了

助手席側はこんな感じ。

出来上がったところで、一応、念の為に実際にワイパーを動かして動作確認をします。

動作確認完了

ちゃんと動きました。
動かないと困るんですが。

最後に、ビフォー・アフターの写真を。

運転席側ワイパーアーム再塗装前後比較

運転席側のワイパーのサビ落とし&再塗装の比較写真です。
見ての通り、どっちが前でどっちが後か一目瞭然ですね。

助手席側ワイパーアーム再塗装前後比較

助手席側もこんな感じ。
写真のアングルを間違えましたが、数年前のタッチペンの跡も
キレイになくなりました。

感想


DIY初心者の私でもこんなに見違えるほどキレイに仕上げることができました。
使ったのは税抜き186円のスプレー塗料と税抜き46円の紙やすりとめがねレンチのみ。

今回の作業で何ヶ月持つかわかりませんが、
232円+税でこれだけの出来なら損はないかなと思います。

あ〜、面白かった!

そうそう、今回、リアワイパーの塗装はしませんでした。
理由は、リアワイパーがサビているのはブレードの部分だけだったから。

リアワイパー取り外し

一応、取り外してみたんですけどね。

今度、リアワイパーのブレードを交換しようと思います。

スポンサーリンク

コメントを残す


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ