予防接種(ロタ・B型肝炎以外にも)の注意すべき幾つかのルール

子どもは大人に比べて病気にかかりやすく、
かかってしまうと重症化してしまうことがあります。

予防接種を打つことによって、
感染症に対する免疫を作ってあげましょう。

その前に、予防接種に関する予備知識的なことを。

我が家の場合でも結構な出費でした。

どこの家庭でも一緒だと思いますので、
参考になればと思います。

スポンサーリンク



同時接種で副作用の心配はないの?


予防接種を打つ際に一番心配となるのは
副作用じゃないでしょうか。

我が家のかかりつけのお医者さんにお話を聞いたことがあります。

日本で使用されている予防接種ワクチンは、
世界で使われている予防接種ワクチンよりも安全で
副作用の可能性は低いそうです。

予防接種の同時接種の副作用

また、我が家も経験があるのですが、
副作用は症状や状態が人それぞれ。

なので、本当に予防接種の副作用による発熱や嘔吐なのかどうか
分からない場合もあります。

接種する前には、子どもの体質、体調を把握して、
少しでも疑問に思うことは小児科の先生に
相談しておく必要があると思います。

予防接種にかかる金額は?同時接種で安くなるの?


予防接種には、行政が推奨する定期予防接種と、
個人で接種するかどうか判断する任意予防接種があります。

各市町村で取り組み方は違うようですが、
私が住んでいる町では

  • BCG
  • 四種混合
  • MR
  • 日本脳炎
  • 小児肺炎球菌
  • ヒブ

以上の予防接種が町の負担で接種することができます。

そして最近ですが、水疱瘡も町負担で
接種することができるようになりましたね。

この他に自己負担で接種したものは、

  • 水疱瘡(ウチの子の時は自己負担だったので)
  • おたふく風邪
  • インフルエンザ

です。

それでも、水疱瘡7,000円×子ども2人、
おたふく風邪6,000円×子ども2人、
インフルエンザ3,000円×家族4人(2回目1,500円×子ども2人)です。

本当はロタウイルスやB型肝炎なんかも
接種するといいのでしょうが・・・

高額のため躊躇ってしまいます。

各市町村や病院によっても予防接種の金額は様々ですが、
同時接種によって割引されるとかいうのはありません。


子どもや自分のためだとは分かっていますが、
家計に大ダメージですね・・・

そもそも、こんなにたくさんの予防接種は必要なの?


予防接種ルール

赤ちゃんは母親から病気に対する抵抗力を
プレゼントされて生まれてきます。

しかし、その抵抗力も生後6か月頃から失われます。

そうすると、赤ちゃんは自分で抵抗力を作ることで
病気を予防しなければなりません。

その抵抗力を作る手助けをしてくれるのが
予防接種だと考えられています。

しかし、予防接種の種類はものすごくたくさん。

「小さな赤ちゃんにこんなにたくさん打たないといけないの?」

って心配になるのも当然。

予防接種の種類や有効性をきちんと把握して
接種すべきもの」と「接種を見合わせてもいいもの」を
見極めることも親として大切な役割なのではないでしょうか。




今後必要になる予防接種はどんなもの?


子どもに必要な予防接種は?

赤ちゃんが生まれて初めて接種する
予防接種のほとんどが「BCG」です。

そして、ポリオ・ジフテリア・百日咳・破傷風をまとめた「四種混合」、
麻しん・風しんをまとめた「MR」、「日本脳炎」。

この4つは法律で定められた、必ず接種しなければならないものです。

この他に、接種しておいた方がいいものとして、
小児肺炎球菌ヒブがあります。

これは、病気にかかってしまった場合、
後遺症が残ってしまう可能性が高いので、
我が家では2人とも接種しています。

さらに、水疱瘡おたふく風邪も同様に接種してあります。

また、我が家はまだですが、ロタウイルスB型肝炎もあります。

そして、毎年接種するのが季節性インフルエンザの予防接種。

予防接種は、接種したからと言って
必ずその病気にならないというものではありません。


子どもだけ接種しても、大人が感染してしまえば、
子どもにも感染してしまう可能性は大きいです。

なので、これに関しては、毎年家族全員接種します。

子どもの予防接種のまとめ


予防接種の対象となる病気はまだまだたくさんあります。

そして、まだワクチンが発明されていない病気もたくさんあります。

「注射、嫌だ!」と泣く子どもの気持ちも重々承知しているのですが、
子どもがぐったりして苦しんでいる姿は見たくありませんよね。

我が家では上の子が熱性痙攣持ち、
下の子は食物アレルギー持ちです。

どんな形であれ、安全が確保されているのなら、
少しでもこれらの症状を軽くしてあげたいなぁと思っています。

スポンサーリンク

コメントを残す


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ