吉野山は関西屈指の桜の名所!一度は行ってみたいお花見スポット

吉野山の桜は、古来、蔵王権現の御神木として愛用され、信者の寄進献木によって数が増やされてきました。
吉野山は、下千本、中千本、上千本、奥千本いう4つの地域に分かれていて、桜は、下千本から順番に咲きます。

満開時の、約3万本のシロヤマ桜が美しく咲いた様子はまさに圧巻。
2013年の「関西の桜の行ってみたいスポットランキング」でも話題になりました。

Sakura -Yoshino,NaraSakura -Yoshino,Nara / Yoozigen

そんな吉野山のお花見事情を少しお話したいと思います。

吉野山の桜の見頃は?

吉野山での桜の見頃は、例年、4月上旬から下旬と言われています。
しかし、天候等で変化するのでお出かけの予定日前でも、こまめにニュースやインターネットでチェックしましょう。

吉野山の天気は変わりやすいの?

春と言えば温かいイメージですが、4月はまだ肌寒い日も多く、夕方からは冷え込んだりと寒暖差が激しい時期です。
また、やはり山ですので、天気は変わりやすいとも言えます。

心配な方は、雨具や防寒具を持って行った方がいいかもしれません。

交通アクセスは?


大きな地図で見る

電車をご利用の場合

電車をご利用の方は、下千本と中千本で行き方が違うので注意しましょう。

まず下千本は、近鉄吉野線「近鉄吉野」駅で下車。
その後徒歩で移動し、「千本口」駅からロープウェイに乗り、「吉野山」駅で下車します。

中千本は、近鉄吉野線「近鉄吉野」駅で下車するまでは同じですが、臨時奈良交通バスに乗り、「中千本公園」で下車しましょう。約20分で着きます。

車やバイクをご利用の場合

車やバイクをご利用の方は、

  • 西名阪道 郡山ICから国道24号、169号経由
  • 名阪国道 針ICから国道369号、370号、169号経由

になります。

両方のルート共、各ICから1時間ほどで着きますが、お花見シーズンは交通規制が行われています。

特に気をつけないといけないのは、桜の開花期間は、下千本駐車場から勝手神社までの区間が午前9時から午後7時まで、歩行者天国になります。

駐車場

駐車場については、少し離れた場所に臨時駐車場が開放され、シャトルバスが運行されていますが、非常に混雑するので公共交通機関を使った方が無難だと思われます。

また、駐車場は、乗用車1台1,500円の駐車料金が必要です

スポンサーリンク

吉野山で夜桜は見られるの?

桜祭りが行われている期間は、下千本、中千本、上千本公園でライトアップがされているので夜桜も楽しめます。

吉野山で桜を見ながら宴会は出来るの?

吉野山で宴会は出来ますが、火気使用禁止です。
バーベキュー等は出来ませんので注意しましょう。

吉野の特産品はあるの?

最高級の吉野葛を使用し、桜の花を入れた桜ようかんや桜や桜の葉を模った葛菓子、葛まんじゅう、葛湯などが有名です。
桜を見ながら吉野山ならではの特産品を召し上がってみてはいかがですか?

以上が吉野山の桜情報です。
関西では屈指の人気スポットです。

期間中は混雑するほどの人気スポットですが、是非美しい桜が広がる吉野山に行ってみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

コメントを残す


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ